2019年06月26日

人間の話ですが、虫歯より歯石のほうが怖いそうです!

4年ぶりくらいに歯医者に行きました(汗)。
じんわり痛いような気がする歯があったのですが、
そこは虫歯ではなく、おそらく歯ぎしりのせいだろうとのこと、
歯石が4年分たまっているとのことで(滝汗)、
しっかりクリーニングしていただきました。
(他に初期の虫歯があるけど、それは経過観察でいいそうです)

そして、歯科衛生士さんが、とても丁寧に、
虫歯より歯石のほうが怖いということを説明してくださいました。

歯石ができると、その部分の歯茎を下に押し下げるそうです。
押し下げられた歯茎は、炎症を起こして少し腫れるので、
見た目にはあまりわからないことが多く、
痛みなどの自覚症状もないそうです。

歯茎が押し下げられると、歯根がむき出しになりますが、
むき出しになってしまったところは、
その後歯石を除去しても戻りません。
そして、腫れが引くとむき出しになる歯の面積が増えて
見た目が悪くなっていきます(すきっ歯になってしまう)。

そして、また歯石がついて歯茎が押し下げられる、ということを
繰り返していくと、どんどん露出する歯の面積が増えていき、
見た目が悪いだけでなく、ぐらつくようになっていったりします。

歯根も次第に溶けて行ったりします。
それが歯槽膿漏、歯周病、という状態で、
歯根が溶けていけば、歯がいずれは抜け落ちます。

4年前、加齢や歯ぎしりで歯茎が押し下げられる、ということを伺って、
マウスピースを作り、ちゃんと就寝時は着用していましたが、
加齢なら仕方ないよね、とたかをくくっていました。

どんなに歯磨きをしても、歯石はたまっていくそうで
定期的に除去しないと、歯槽膿漏になる可能性があるとのこと、
そうだったのか〜!と、とても怖くなりました。

虫歯なら、削って詰めて、、、で対処できるけれど、
一度下がった歯茎、一度溶けた歯根は元に戻らないそうで、
歯石の怖さについて、認識が甘かったと反省しました。

これからは、最低4か月に1回、歯石除去をしようと
心に誓いました。
(入れ歯やインプラントには数百万かかるらしいですが、
自分にかけるそんなお金はない!!! )

そして、猫たちの口腔ケアについても再考しました。
猫は虫歯にはならないし、歯石がたまって歯肉炎になっても
抜いてしまえばOK(ごはんはドライでも丸飲みするので)と、
思っていましたが、できることなら
歯石除去をしてあげたほうがいいんじゃないかな、と……。

人間も、歯をしっかり磨いていても歯石がたまるので、
4か月に1回くらい、超音波で落としたほうがいいならば、
猫だって同じですよね。
超音波での歯石とり、音と若干の痛みで私は手に汗握ってしまうので、
猫だったら全身麻酔が必要なことはよくわかります。
1年に1回以上の全身麻酔、と考えると、躊躇してしまいますが、
年寄り猫たちの歯を見ると、たしかに歯石たまっていて
歯石と歯茎の間は赤く腫れています。

昔はスケーラーでとることもありましたが、間違って歯茎を傷つけてしまって
出血させてしまうこともありましたし、
ちゃんと研磨しないと、すぐに歯石がたまるのでかえってよくない、という説も見て、
最近は放置してしまっています。

よさげなサプリはお高くて、うちの子たちみんなに使うのは難しいし、
今さら歯磨きでなんとかなる状態でもないし。
楽天で検索しつつ悩み中です。

猫オーナーの皆様には、時間が許す限りにゃんずの歯のお手入れをすることと、
人間も、定期的に歯石とりに行くことを強くお勧め致します。
(私は、自分自身のガンよりも歯槽膿漏のほうが怖いかも……。
ガンなら医療保険が使えるけど、入れ歯・インプラントには使えないし)

それにしても、年取るとあちこちガタが来て
いろいろメンテナンスが必要で面倒くさいわよねぇ。
でも、面倒臭がると、そのツケは何倍にもなって
自分に返ってくるので、健康には注意しようと思います。
私より若い皆さんも、諸々めんどくさがっちゃダメよ!!
posted by RIEN at 16:22| 東京 ☀| Comment(0) | 女中(RIEN店長) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダナエ&セサミの子猫たち成長記録更新しました!

P6241929.JPG

P6241932.JPG

P6241937.JPG

P6241990.JPG

エルモくんとアビーちゃんは一緒にお引っ越しすることになりました♪
ディオニュソスくん改めロビンくんは、
銀太くん&ニーナちゃんのおうちにお引っ越しすることになりました♪
(先の2にゃんがおっとりで、ロビンくんがヤンチャなので、少し心配)

そういえば、はちくんのオーナーさんは、
イリナちゃんオーナーさんの職場の同僚で、
テオくんのオーナーさんは、
ひまわりくん&あおざくらくんオーナーさんの職場の先輩なのでした。

皆さん、うちの子猫を気に入ってくださって、
そして、お勧めしてくださって本当にありがとうございます!

カフェデビューさせるのが怖いと思っていたところなので
うちにしては珍しく、子猫たちが早く決まって、
お引っ越ししていってくれることが有難いです。

子猫たちの成長記録はこちらです。
http://rienkiten5.seesaa.net/

6月上旬にも子猫が生まれているので、
もう少ししたらお披露目できると思います。
posted by RIEN at 08:50| 東京 ☀| Comment(0) | こねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

2019年6月のイネス

P6211782.JPG

P6211776.JPG

小町の祖母、桜姫の母です。
親馬鹿ですが、綺麗な子だなあ、と思います。

イネスの母親エミリーは昨年、癌で亡くなったそうです。
イネスを産んだのが2~3歳だったでしょうか。
17〜18歳まで生きたのかな。
とても性格のよい子でした。
イネスもイリカも性格の良さを母親エミリーから受け継ぎました。
(外見的には、イネスは父親似、イリカは母親似)

イネス&イリカを迎えに行ったとき、20歳くらいだったお嬢様が
今は3人の母親だそうで、エミリーはそのお嬢さんのところで晩年を過ごしたそうです。

人間も猫も、世代が交代して、いろいろなものが受け継がれていくのですねぇ。
結局、私自身は子供を産む機会に恵まれなかったこと、
少し寂しく思う今日この頃です。
(産んでいたとしても、過保護な教育ママ・モンスターペアレントになってそうで、
あまりよい母親にならなかったと思うので、まあ、産まなくてよかったかな)

posted by RIEN at 21:43| 東京 ☀| Comment(0) | ミイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シネマ歌舞伎 鷺娘

玉三郎さんに惚れたきっかけの演目であり、
玉三郎さんの舞踊でもっとも好きな演目なので、
観ないわけにはいかない、と思って観てきました。

玉三郎さんの美しさは、舞台でも映像でも変わらないのですが、
今の私には、重かったようで集中を欠いてしまいました。
瀕死の白鳥のようだ、と評される演目であり、
鷺娘の臨終の表現がとてもリアルで、
なんだか悲しくなってしまって……。

今日は、動物病院に行き、ヒロミの腸間膜リンパがあちこち腫れていて
リンパ腫の可能性が高いことや、
レオの肺の状態がよくないことがわかり、
予想して病院に連れて行ったとはいえ、少しどんよりしていたところに
鷺娘を見たのは失敗でした。

30年くらい昔に観た、トップガンを突然見たくなったのは、
私の心が欲していたのでしょうねぇ。

ま、しばらくシネマ歌舞伎は玉三郎さん演目が続きますし、
来月は、究極のハッピーエンドと思っている「天守物語」なので
これを観れば、俄然やる気元気が出ることでしょう。楽しみです。

動物病院の待合室で、宮本輝の「流転の海」第7部を読み始めました。
(宮本輝、大好きなんです。流転の海は文庫本を見つけると購入していましたが、
6部を呼んだのが昨年か一昨年でした。昨年、9部で完結していたのですね。
7部、8部と暗転していきそうな模様ですが、
宮本輝作品の傾向からすると、最後の最後で希望・光の見えるような
終わり方になるはず、と期待しています)

その流転の海の舞台は、昭和37年になっていて、
東京オリンピックを2年後に控えている、という時代です。
その時代に、日本で初めて、生理用ナプキン・アンネが発売され、
その新聞広告に、「40年間お待たせしました」とあったそうです。
その広告を見た、中学3年生の女の子が、自分で買うのは恥ずかしいから、と
タクシー運転手の父親に購入を頼み、運ちゃんが、
主人公・松坂熊吾の中年男性に、代わりに買ってきてくれ、と頼みます。

熊吾は、運ちゃんの頼みを聞き、さらにもう1箱
その商品の必要はなくなった妻にも購入します。
そして、日本は、こんなところでも欧米に40年間の遅れをとっていたのか、と
思いを馳せます。

昭和37年の40年前、というと大正時代の終わり。
欧米ではナプキンの使用が当たり前になりつつある中、
日本の女性たちは苦労していたのですね。
戦争中、物資が少ない時などどうしていたのでしょう?
(現代は、本当に恵まれている・有難いと思います)

つい最近、インドで生理用ナプキンの製造・販売を開始した
パッドマンなる男性のことを新聞記事で読んだと思ったら、
トップガンを借りに行った時、その映画もあることも知りました。

その少し前、ツヴァイクの伝記「マリー・アントワネット」を読んだのですが、
処刑の日、彼女は生理中だったということを知りました。
最後に着替えて、汚れた下着を壁の隙間に押し込んで隠す、というところで
とても悲しくなってしまって……。
全盛期はドレスに着替えるのもすべてお付きの方々がしていたのに
最後は下着を隠すことに必死で、貧血で意識も朦朧としていたなんて。
(彼女、子供ふたりと死別、子供ふたりと生き別れているのですよね。
しかも、幼い息子ルイ・シャルルが母親から自慰を教えられたと言っている、と
裁判所で訴えられたという、想像を絶する苦痛も味わっていたのですね。
ベルばらでは、こういったところは描かれていなかったよなあ、と思います。
そういや、ツヴァイクの伝記でもその後読み直した遠藤周作の小説でも、
「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」という名セリフは出てこなかったぞ。
あれは、ベルばらの創作だったりするのかしら? ベルばらも読み返したいな)

パッドマンがナプキンを製造しようと思ったきっかけも、
妻が何か汚れ物を隠すのを見つけて、
それは何だ、と問い詰めたところだったような記憶があります。
(今度、映画も見てみよう。暗い話ではなさそうだし)

女は悲しい。
鷺娘も清姫も、恋に死ぬ女性の話ですが、
恋心がある限り、心も体も血を流し続けるのだな、と……。

生まれ変わっても女なのだとしたら、
私は雌猫に生まれ変わりたいです。
なぜならば、猫には生理がないから!
(犬にはありますが、猫にはありません)
現代の女性が昔より恵まれているとしても、
雌猫、超マジ羨ましいっす。

……なぜ、鷺娘がこんな話になったんだ!?

【追記】
鷺娘で娘が瀕死の鷺になる直前と、
日高川で清姫が蛇になる直前、
衣装を肩脱ぎして、真っ赤な長襦袢になります。
そこから、衣装がぶっかえって、
鷺の白い羽と蛇の白い鱗になるのですが、
その場面ふたつを、今、鮮明に思い出し、
このふたつの演目を同時上映した意味を悟ったように思います。

燃えるような情念、怨念、心に流れる血が、
白い羽や鱗で覆いかくされ、
浄化されていく、といったところでしょうか。

今日の私には、重かったとはいえ、
観てよかった。
今度、女の子を残す時、
清姫の名前をつけましょうかね。

posted by RIEN at 21:33| 東京 ☀| Comment(0) | 女中(RIEN店長) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

トップガン

突然見たくなってレンタルしてきました。
この映画が公開された時、私は高校生だったでしょうか。
夢中になって、何度も見て、ビデオ(DVDはない時代)を買い、
サントラのレコードをカセットテープに録音して何度も聞きました。
(そして当時は、東西冷戦でソ連の時代だったのですよね)

今見ても、かっこよさの詰まった、スカッとする映画ですね。
トム・クルーズ、ずるいくらいかっこよすぎ。
女子高生の私たちが夢中になるのも無理ないですね。
ケリー・マクギリスも、仕事のできる才色兼備の女性、ということで
女子高生に将来の夢を持たせたように思います。

今見ると、単純なストーリーで、深みなどはないと思うのですが、
こういう超娯楽映画って大切かも。
最近、「万引き家族」「そして父になる」など、
割と深刻な問題提起をしておいて、映画の中では解決してくれず、
見る側の解釈にゆだねるような映画を続けてみていたので
めちゃくちゃ、スッキリしました。

そして、ベトナム戦争で部下を10人失ったという上司に
「それでも前へ進むしかない」と言われて
親友を亡くしたトム・クルーズが再起していく、というストーリーに
ちょっと勇気をもらいました。
そう、前に進むしかないのですね。

それにしても、トム・クルーズかっこよかったなあ……。
posted by RIEN at 22:16| 東京 ☀| Comment(2) | 女中(RIEN店長) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

7月14日にゃみりー会開催します!

日時:7月14日(日)18時〜21時頃
参加費:4000円
デリバリーピザ、ビールなどのドリンク、デザート(ミスドかな)をご用意します。
今回は、差し入れ割引はありませんが、差し入れは大歓迎です♪
(事前に内容をお知らせいただけると助かります)

参加ご希望の方は、メールでお知らせくださいね。
karinonさん、mominyanさん、コスモスさんは
すでにカウントさせていただいているので、ご連絡不要です。

【追記】
おかげさまで、早々と定員となりましたので、
締め切らせていただきます。
また、お盆かシルバーウィークにでも!

posted by RIEN at 18:44| 東京 ☁| Comment(0) | イベント&セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月27日(木)・7月12日(金)臨時休業させていただきます。

大変申し訳ございませんが、どうぞ宜しくお願い致します。
posted by RIEN at 18:30| 東京 ☁| Comment(0) | 臨時休業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

アルテミス、ポリンキー、スコーン、チロル、アポロの成長記録を更新しました!

P6211694.JPG

カフェで元気いっぱいに走り回っています。
身体はおとなですが、頭の中はまだまだお子ちゃまです。

オーナーさん募集中です。

成長記録はこちらです。
http://kitten4.seesaa.net/
posted by RIEN at 19:31| 東京 ☁| Comment(0) | こねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年6月のイリカに寄りそう揚巻

P6211760.JPG

P6211763.JPG

P6211779.JPG

P6211771.JPG

イリカには長生きしてもらいたいよねぇ……。
いっぱいゴロゴロ言ってイリカに聞かせてあげてね。
posted by RIEN at 18:58| 東京 ☁| Comment(0) | 揚巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年6月のイリカ

P6211777.JPG

先月末には体重が3キロを切ってしまい、
ゆっくりと減少し続けています。
食欲はありますが、鼻水がひどいのと、
のどの奥に異常があるせいか、
食事中にむせてしまうことが多いです。

先月末、うまく水を飲めなくなり、
いつも、エプロンや足がびしょぬれになっていて、
気付いた時に拭くようにしていたものの、
あごや前足の毛が抜けてはげてしまいました。

ずっと湿っていたので細菌繁殖でもしたのか、と
とりあえずシャンプーして乾かしたら、
その後、ちゃんと水を飲めるようになりました。
なんだったんだろう?

6月上旬に病院で診ていただいたところ、
以前、のどの奥に穴が開いて、その後広がった部分が
少し腫れているようだ、とのことで、
ずっと飲んでいた抗生剤を別のものに変え、
消炎剤も追加していただきました。

が、鼻水等の状況は改善しませんし、
体重減少も続いています。

のどの奥をちゃんと見ていただくには麻酔が必要ですが、
16歳で麻酔かけてまで見る? できることがあるとして縫うことだけど
縫った後の違和感でさらに食欲が落ちるのでは? 等を考えると
自力で食べられているのだから、
これ以上のことをしないほうがよいような気がします。
(先生方も積極的な処置は勧めてきません)
のど〜鼻に腫瘍があったとしても、そのあたりはどうにもならないことは
リンダ、リルケ、スーなどの時によくわかりました。

先生からは、経鼻カテーテルで胃に栄養を流し込むことも
ご提案いただきましたが、リルケの時にそれをして
かわいそうな姿になってしまい、
とても後悔したので、断りました。

a/d缶、ササミ、カリカリなど美味しそうに食べていますし、
動き回って居心地のよい場所を探したりもできているので、
そういったおだやかな時間が少しでも続けばいいな、と思います。
posted by RIEN at 18:56| 東京 ☁| Comment(0) | ケイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする