2012年12月04日

お引越続々・・・

おかげさまで、琥珀ちゃんの子猫たちもオーナーさんが決まりました♪
白虎くん&玄武くんは、アビゲイルちゃんのおうちに
12月9日にお引越し予定です(合計6にゃんに……)。

朱雀くんは、MONくんという新しい名前をつけていただき、
12月25日にお引越し予定です。
急に寒くなってきたから、お引越しまで風邪などひかせないよう
気をつけなくちゃです。

PB294693.JPG

この子は隠し子(笑)グロリアちゃん(シナモンちゃん)。
我が家で初めて生まれたアンバータビーです。
(かつては、Xカラー、シナモン、ゴールデンと呼ばれていたカラーです)
リンダと菊之助の間に生まれました。

肺炎で入院していたり体重が増えなかったりという時期もあり、
うちに残そうかどうしようかとも思っていたのですが、
年明けに、レオンくん&ミカエルくんちにお引越し予定です。

生まれたときは明るいブラックタビーのようなカラーでしたが、
だんだん色が明るく、レッドに近い色になってきました。
でも、レッドとは雰囲気が違って(特にアイライン)、
なんともいえない、神秘的で美しいカラーです。
(一応、成長記録はちょこちょこ撮影していたので、
 そのうちちゃんとアップします。な〜んて、そのままお蔵入りかも……)

もしかしたら最初で最後のアンバータビーになるかもしれませんが、
どんなカラーになるか、どんな美人になるか、成長が楽しみです!

posted by RIEN at 20:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

シャックくんたちが遊びに来てくれます!

すっかり人気・有名ブログになった「シャック&リッキー写真展」。
更新がマメで毎回おもしろくて、すご〜いですよね!
毎日欠かさずチェックしている方も多いことでしょう。

彼らが遊びに来ることがあったら教えて、と何人かの方に言われていましたが、
どなたにご連絡すればいいのか、わからなくなってしまいました……
12月9日に、彼ら3にゃんが遊びに来てくれます♪
ご都合よい方はご連絡くださいね。

しかし、その日はキャットショー組が多いんですよね〜。
2日間、ショー参加した後に、ウチの店に寄る余力がありそうな方は
ご連絡ください。
諸々、時間調整してみます!

それから、マチュくん&ジュリエットちゃんのアルバムです!
http://opa.cig2.imagegateway.net/s/m/album/Gp2ByYJcQN7

閲覧にはフラッシュ最新版をインストールしなくちゃいけないので、
見られない方が多いようだったら、時々、写真をコピーしてきて
私のブログでもご紹介させていただきますね。
posted by RIEN at 13:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 里帰り♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

お誕生日♪

昨日、12月1日は月姫ちゃん、ガルマちゃん、ちぃたん、ミエルくん、吉宗くん、リルケの
4歳のお誕生日でした。
みんなお誕生日おめでとう!
もう4年と思うと本当に早いですが、みんな元気に4歳、嬉しいです!
これからも、何度もお誕生日を迎えられますように。

DSC_0021.JPG

DSC_0015.JPG

吉宗くん。
相変わらずベビーフェイスでかわいいですね〜♪

121201_173649.jpg

121102_213724.jpg

ミエルくん。
子猫時代より、目が大きくなった?
こちらもベビーフェイスでかわいいです♪

4歳くらいになると、オッサンくさくなる子が多いんですけどね。
レオは11才になってもベビーフェイスなので、子供たちも永遠の少年かのかな?

121201_173952.jpg

ミエルくんと先住ノルのトロくん。
仲良しですね〜♪

皆さん、お写真を有難うございました!
ねこたちの成長の様子、元気に過ごしている様子をお知らせいただくのは
本当に嬉しいです!






posted by RIEN at 21:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オーナーさんから♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

獣医さん選びって難しいですね

先日、インタビューさせていただいた獣医さんが、
こんなことをおっしゃっていました。
卒業年度からすると、まだ30歳にもなっていない、
若い、開業したての獣医さんですが、
こういうことを言ってくれる獣医さんは案外少ないと思います。

「僕の理念は、飼い主さん目線で考えるということです。
 勤務医の頃は病院の経営方針に従わなくてはならず、
 不必要なんじゃないかと思う検査であっても
 せざるを得ない場合がありました。
 病院によっては、検査・検査・検査・・・・というところもあるんです。
 開業してからは、自分の裁量で診察・治療を進められますから、
 検査のメリット、費用などをご説明して、
 飼い主さんに、その検査をするかどうかを選んでいただけるようになりました。

 教科書的には、可能な検査は全部やったほうが、確定診断と適切な治療につながりますが、
 それをすると非常に高額になることがあります。

 飼い主さんが、検査を希望しない場合は、その意思を尊重します。
 高額な検査を希望しないからといって、その飼い主さんに愛情がないわけはありません。
 一緒に暮らしていて、愛情があるからこそ、病院に連れてきているんです。
 お金がある人は、満足・納得がいくまで検査をすればいいし、
 お金がなければ、できる範囲で動物の苦痛を緩和すればいい。
 愛情の表現は人それぞれなんですから。僕はそう思います」

インタビュー中に、思わず泣きそうになりました。
こういうことを言ってくれる獣医さんはなかなか少ないものです。
(多分、私のかかりつけ病院の院長は、このように考えてくれているだろう、と感じています) 

中野に住んでいた頃は、さんざん動物病院ジプシーをしました。
とにかく料金が安い病院も、有名でお高い病院も、猫専門病院も行ったことがあります。
動物病院選びは難しい・・・と、心底思いました。

子猫をお譲りした方々から、病院通いのご報告をたくさんいただきます。
その中には、説明が不十分じゃないかな、
他の選択肢もあるんじゃないかな、
その検査、本当に必要?
などと思うことも多々あります。

はじめて猫を飼う方は、動物病院に行くのも初めてになるわけで、
その病院・獣医さんが、いいのか悪いのかの判断もつきにくいことが多いかと思います。
何か疑問を感じることがあったら、急を要しない限り、検査や治療を保留にしてまずはご連絡ください。

私の経験と、オーナーさん方からのご報告の中から、
参考になりそうなことをご連絡させていただきます。

私が猫をお譲りした皆さんは、必要な検査や治療をケチるような方々ではありません。
でも、検査や治療は必要最低限でいいと思うので、
他に選択肢があり、私がそれを知っているなら、お伝えさせていただきたいです。
何か困ったことがあったら、どうぞ、お早めにご連絡くださいね。
posted by RIEN at 20:52| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 女中(RIEN店長) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする