2009年09月13日

リルケランチ予行演習

23日のリルケランチ@駒沢公園、
現在4名さまからお申し込みをいただいております。
1〜2人くらいかな、と思っていたので嬉しいです。
桜姫ランチ、お軽ランチも企画しちゃおうかな〜。

今日は早起きして時間が余ったので、久々にリルケつれて
TANGA NILLA CAFEでひとり(&1頭)ランチしてきました。

TANGA NILLA CAFA
http://www.tanganilla.jp/tanganilla_cafe/home.html

ここのお店のランチメニューは、ほぼ制覇しましたが、
ハズレはなかったです!
ショップカードもいただいてきて、
RIEN受付に置いてあります。

TANGA NILLAさんは、11時〜23時まで営業していますので、
ランチしてからRIENへ、とか、
RIENの帰りに軽いディナーにお勧めです♪
等々力渓谷〜TANGA NILLAランチwithリルケも
改めて開催しますね。

今日のリルケ、最初はやはり、
「りるけ、おうち、帰るーー」でしたが、
20分くらいしたら落ち着きました。

先日、稲本先生のマッサージ講座を受講して、
猫も人間もリラックスできるなで方を教わったので、
それを思い出しながら、なでていたら、
最後はゴロゴロ喉を鳴らしてご機嫌になってくれました♪

考えてみたら、5〜8月は暑かったこともあり、
一度もリルケと外出していませんでしたからね。
やはり、月1回くらいは外出しないとダメですね。
1歳過ぎたら、外出トレーニングも
難しくなると思うので、
秋には何度かリルケランチ開催したいと思います。
(23日までは集中的に、ひとりリルケランチしてきます・笑)

本日のリルケ写真は、お客様からいただいた1枚を。

daihuku1.jpg

お土産にいただいた大福を食べていたところ、
リルケがやってきて、がぶり!
やわらかい大福のおもちが、びょよ〜んと伸びました(笑)。

この間は、そうめんを盗み食いされたし(つゆに漬ける前)、
トマトソースパスタももっていかれたし、
今日は、カレーにも興味示してました。

そうそう、先日のクリスマス特集ですが、
無事、私のレシピOKになり、撮影終了。
その撮影時も、リルケに何度も盗み食いされました。
撮影終わったら、黙々とご馳走を食べ続けてたし(笑)。

この特集では、5〜6ページに渡って、
RIENで撮影した写真が掲載されます。
ねこモデルは、桜姫、リルケ、こざくら。
さて、誰の写真が一番多用されるでしょうか!?

この猫雑誌、書店では売っていませんが、
お客さまの中にも定期購読されている方、
たくさんいらっしゃると思います。
12月号をどうぞお楽しみに♪
(RIENの紹介記事ではありませんが、
 どんなふうに写ってるか、私もとっても楽しみ)

それから、桜姫&阿国の子猫の成長記録更新しました!
http://rienkitten.seesaa.net/

みんなかわいくやんちゃに育っています!

posted by RIEN at 13:41| 東京 ☀| Comment(13) | TrackBack(0) | 雪姫(リルケ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リルケが大福食べてる写真ですが、お客さんが猫に食べてもらうために差し出しているように見えます。
不測の事態で食べられてしまったのならまだわかりますが、人間の食べ物に手を出したら猫を叱り、お客さんにも注意すべきではないですか?
今回は餅の部分のみ?だったから、猫もお腹を壊さないだろうし大丈夫とお考えなのかもしれませんが、味の濃い小豆部分を食べてしまう可能性もありますよ。
「この後、ちゃんとリルケを叱りました。お客さんにも猫に食べ物を与えないよう注意しました」と書かれていればこの写真を載せた意味もあるかと思いますが、お客さんと一緒に笑っていたならがっかりです。
お腹を壊して苦しむのは、店主が一番可愛がってるリルケじゃないんですか? そんな姿を見たいんですか?
猫飼いの見本となるべきブリーダー&猫カフェ経営者としての見識を疑いますね。
猫を外に連れ出して散歩させることも、感染症のリスクを考えているのか以前から疑問でしたが(リルケだけの問題ではなく、お店にはワクチンの済んでいない仔猫もいますよね)今回のブログで決定的となり、あまりのことに書かずにはいられませんでした。
長文失礼。
Posted by sss at 2009年09月14日 03:43
アホか。
これくらいで腹壊すかよ。
なんでもかんでも噛みつくなよみっともない。
Posted by ttt at 2009年09月14日 11:35
餅を喉に詰まらせたらどうするの?

ペットの栄養管理士でもあり、大事な命を預かっているあなたがお客様にもリルケにも注意しないなんて。
リルケをお散歩させる目的は何ですか?
貴方のお店には貴方の大事な繁殖用の猫達が、また自宅で猫を飼っているお客様もいらっしゃるはず。
リルケがウイルスを持ち帰る可能性もあるわけです。
不注意極まりないですね。
Posted by uuu at 2009年09月14日 12:04
こういった内容で、ご自身が、または常識的に考えて「正しい」と思われるのでしたら、匿名でこんな場所に書かなくても、店長さんに直接メールをする方が良いのではないかと思うのですが。もしかすると、店長さんともご面識がある方かもしれませんね。でしたら尚更です。

納得できる部分もあるというのに、何となく不愉快な書き込みに思えてしまうのは何故でしょう……。
Posted by kkk at 2009年09月14日 13:37
記事の内容に対する意見なので不適当な書き込みではないのでは?
通りすがりの者ですが、SSSさんと同じ感想を持ちましたし、このコメントに対するRIENさんの返答にとても興味があります。
Posted by ppp at 2009年09月14日 16:48
現場に居合わせましたが、わざと食べさせたお客様がいたわけでは決してなく、ふと目を離した隙に食べられたというのが事実です。目を離したのが不注意だと言われればそうかもしれませんが、人間の食べ物を食べてしまうことは我が家の猫でもあります。もちろん危険なものもありますが、今回のものは、そこまで責められるものであったかと正直思います。現場の状況をこと細かに書くこともないですから仕方ないかもしれませんが……。

ここの店長さんは、ちゃんとお客様に注意されますよ。


感染症の件は、どうなんでしょうね。極論だと、猫カフェの営業そのものが問題になります。お客様、そして外出する自分自身の全身を消毒しなければ、完全には防げない気が。自宅の玄関でゴロゴロされてしまうのだって、ホントは危険ですよね。
飼い猫は可愛いし、長生きして欲しいから、なるべく気を付けたいと考えますが、個人的には、そこまでピリピリとしては飼いたくありません。

どのようにお散歩されているのか、こちらは私にもわかりませんから、一方的に『不注意だ』とは私には言えません。
Posted by bbb at 2009年09月14日 21:32
とりあえず、こちらのブログを荒らす意図はないということを最初に言っておきます。
上記のbbb氏が「ふと目を離した隙に食べられたというのが事実です」は事実でしょう。仰るとおりよくあることです。
私も「不測の事態で食べられてしまったのならまだわかります」と書きましたし、よくあることを殊更目くじら立てて指摘する気もありません。
しかし、今回のブログ記事の写真は「偶然の出来事をタイミングよく記録」しており、意図的に食べさせたのではないか?と疑われても仕方ないかと思います。
更に問題なのは、店主が疑惑を持たれても仕方ないこの写真を選択した上で、わざわざブログに貼っていることです。
前のコメントにも書きましたけど「もちろんリルケを叱りました」的なフォローがあればまだ良かったんですが、「やわらかい大福のおもちが、びょよ〜んと伸びました(笑)」と笑い事になっており、店主はこの出来事を問題視していない、と感じましたので指摘させていただいた次第です。
ブログ読者を和ませる方向が違うのではないでしょうか?笑えないですよ。

感染症についての取り組み方は、猫の飼い主さんそれぞれのお考えがあるでしょうし、全ての感染症から守り抜くのが飼い主の使命、などと非現実的なことも申しません。
ただ、安全地帯で平穏に一生暮らせる住まいがあるのに、行く必要もない地雷原にわざわざ足を踏み入れるのは何故?そんなに重要なメリットがあるのか?と思うだけです。
それと、ご自分の猫ならばご自分のお好きにと思うのですが、店主はブリーダーとして仔猫の販売をしていらっしゃるわけですし、一般家庭とは違います。
販売した猫を飼い主さんから委託され預かることもやってらっしゃいますから、販売する前の仔猫や大事な預かり猫たちを、感染症の脅威に巻き込むリスクはできるだけ排除しなければなりませんよね?
そういった配慮が感じられない、外でのお散歩企画記事が続いたので、ついでに書かせていただきました。
さらに長文になってしまい、申し訳ない。
Posted by sss at 2009年09月14日 23:25
なんというか…

沢山の人の目に触れるブログというのは、なんとも面倒なものですね。

私はいつもこちらのブログを楽しく読んでいます。

お店にも度々行かせて頂いているので、
気をつけて食べていても、ほんとに一瞬の隙におやつを奪われる状況はよくわかります。

ねこたちをどかしてもどかしても、かれらはめげず懲りず、突進してきますし…(^^)

こちらでは写真講座も開いていて、お客さんの中にはデジイチを使いこなしていらっしゃる方も多いので、シャッターを切るのも素早いですから、
こういう写真が撮れることもあるんですよ(^^)

皆さん猫好きで、猫を大事に思っているからこそ、育て方の本やご自分で実践されている正しい飼い方という知識があり、
気になってしまうんですよね。

ブログは、猫好きだけど知識はまったくない、という人も沢山目にするわけで、間違った知識を覚えてしまい、よくしらないまま猫に接したり、猫を飼うことになったら…
とご心配なのでしょう。

でも、私もそういうことは、皆が楽しく読んでいるここにではなく、伝えたいのであれば尚更メールした方がいいのにな、と思いました。
ちゃんと伝わって、誤解を招くなと判断すれば、今回のようにきちんと理由など皆が目にするところに書いてくれる方ですから(^^)

本などから得られる情報は、本によって書いてあることが違いますし、(育て方の本を沢山買いました)室内飼いが主流になったのもここ十数年でのこと、周りにはさほど知識ないまま飼っている人も多いです。
だから私は、本などから得られる知識にも頼りますが、毎日沢山の猫の世話をし、ブリードをし、勉強し得たものを実践している店長さんの経験はそれに優ってとても頼りなるものだと思っています。

ここのブログをいつも見ている方なら、
店長さんがいかに猫たちを愛しているかも、
健康に気遣っているかも、
知識がおありかも、伝わっていると思います
(^^)

長文な上、だんだん意味がわからなくなってますね、申し訳ありません(--;)

まぁともかく、
皆さん猫が好きで、こちらのブログもお好きな方だからこそのやりとりなんだろうなぁと思ったので…
コメントさせて頂きました。





Posted by あいこ at 2009年09月16日 09:10
たくさんの人が読むものだからこそ、ブリーダーとしてペット栄養管理士として誤解を招くような記事を書くことに気をつけなければならないのですよ。
また、ブログにはコメント欄がありますのでこの場をお借りして意見なり感想を書き込む事に何の不思議がありますでしょうか?

ここに至ってもまだ大福の記事について改めて訂正という事もされず、言い訳のように説明されていらっしゃいます。
また、リルケを外に連れ出す=社会化にするためという説明も、後付の苦しい言い逃れにしか聞こえません。
社会化というならカフェで充分人に慣れているではありませんか?
公園に連れ出しランチをするというのは単に飼い主としての自己満足にしか聞こえません。
猫がパニックを起こしリードが外れてそのまま行方不明になるなど想像が働かないのでしょうか?
危機管理能力が無いと言われても仕方が無いと思われます。
Posted by サティコ at 2009年09月17日 08:39
まぁ、
物事の捉え方、感じ方、自分で作り上げている常識は人それぞれですからね。(^^)

たとえどんなに素晴らしい人でも素晴らしい事でも、万人が同じ理解を示すわけではないし。

それぞれが正しいと思う道を、意見を聞き知識を取り入れ考えながらも、貫くしかないですよね。
Posted by あいこ at 2009年09月17日 12:58
RIENさんを良く知る人は、「社会化」について苦しい言い逃れだとは思いません。普段の彼女の考え方や行動から、リルケのお散歩に限らず、常に「社会化」について取り組んでいることは明白だからです。決して人に慣れることだけが社会化なわけではないことは、別の記事でも書かれていると思います。

大福の件もしかり。軽率だったと思われる点については、既に認めて謝っています。

ブログの文章だけで、人と人とが完全にわかりあうことなど出来ないですし、あいこさんがおっしゃる通り万人が同じ理解を示すわけでもないですから仕方ないとは思いますが、相手がきちんと説明したことに対して全て否定的にしか捉えることができないのも寂しい限りです。

リードが外れて云々については、考えてらっしゃらないとは到底思えませんし、対策も考えてらっしゃると思います。書かれなかったことに対しては、想像力が働かないということなのか、ブログには詳細までこと細かに全て書かないといけないということなのか。何にしても、記事ひとつで相手の考え方を否定するのは如何かと思います。きちんと説明しているのですから、せめて「こういう考え方の人もいるんだ」と思ってもらえれば。誤解して責めることもできますが、わかりあうこともできると思います。(ま、理解した上で、相容れない考え方というのもありますけど、それは仕方ないので心におさめておけばいいことだと思います)
Posted by neko at 2009年09月17日 14:08
なんかコメントを読んでいて非常にイライラします。

人の謝罪を言い逃れと言ったり、人の揚げ足を取るだけの寂しい人達ですね。

頭が硬いというか、何か言いたいことがあるなら、他人のブログにコメントするんじゃなくて、自分のブログに綴ったらいかがですか?



Posted by 通りすがりの者 at 2009年09月18日 01:40
 ねこの「社会化」というのはとても大切なことだと思いますよ。 まず子猫の時から訓練しはじめないと出来ないことですし。 また猫個々の本来持ち合わせた性格というものも多きく影響しますから。 リルケちゃん(実際会ったことはないですが)みたいにおっとりとしていて、そういう素質を持った子を 散歩に連れ出して訓練することの何が悪いんでしょうか。
 ・・逆に猫を散歩に連れ出すのは最初は嫌がる猫もいますし(車の音など)それをゆっくりと慣らしていくのは結構手間の掛かることだと思うんですけど。猫カフェ経営を一人でしている方がそんな手間の掛かることをわざわざ されているということに偉いな〜と感心しました。
 私は自分のネコにハーネスを嫌がらないようにするところで いっぱいいっぱいでした。。
 
Posted by みんく at 2009年10月11日 15:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック