2010年11月18日

つづりん本領発揮!

さきほど、コスモスさんから、にゃんずにお肉をいただきました!
にゃんずがお肉に群がる様子をご覧になったことがないそうなので、
その場で1パック、あけさせていただき、にゃんずに献上。

PB183143.JPG

みんな久々の牛肉に大喜び♪
うまうま〜♪

あれ、つづりんがいない……?
なぜならば。

PB183138.JPG

ダッシュでお肉にかけより、くわえられるだけくわえて走り去りました……。

一回放して、1枚ずつ食べようよ、と手を出したら
強烈な猫パンチを繰り出した後、さらに椅子の下に逃げていきました。

PB183142.JPG

「アタシのお肉。手出ししないでよねッ!!!」
……はいはい。

この間、ずっと「うーーー」と低い声で唸っておりました。
肉は猫を野生に戻してしまうらしいです。

PB182932.JPG

「お肉、もっと!」
あと1パックは、妊婦・母猫たちにあげていいかな……?

コスモスさん、にゃんずにお肉を有難うございました!


それにしても、火曜日に手術したばかりで、
これだけ元気なんだから、猫ってすごいですね。

ちなみに、今のかかりつけの病院で避妊手術をお願いしたのは
今回がはじめてです(帝王切開等はありますけれどね)。
今まで、他の病院で、雑種のノワとお軽を手術していただきましたが、
どちらも1泊入院し、傷口も3〜5センチくらいはあったと思います。

つづりんの手術は日帰りで、傷口は1〜1.5センチ程度。
1〜2針しか縫っていません。

PB182947.JPG

卵巣のみの摘出だと、これだけ傷が小さくてすむのですね。
当然、麻酔をかけている時間も少なくてすむでしょうから、
猫の体にかかる負担も最小限だと思います。
(卵巣を摘出すると、子宮はミイラ化してしまうため
 子宮がんや子宮蓄膿症にはまずならないんだそうです)

手術したその日から、キャットウォークをかけまわり、
ごはんをガツガツ食べていましたし、
傷口を気にしてなめるような素振りは全然ありません。
(上記写真もついさっき撮ったところですが、なめて赤くなったりしてないでしょう?)
だから、エリザベスカラーも不要です。

このブログをご覧になっている方で、これから猫の避妊手術を
しなくてはならない方がいらしたら、獣医さんに、
卵巣のみの摘出か、子宮も摘出するのか、
入院の日数なども説明してもらってくださいね。
もし、卵巣のみの摘出にも対応してくれる獣医さんなら、
そちらの手術のほうが、猫の負担が少なくて済むように思います。

そうそう、手術の影響がひとつ。
おなかの毛をそられて寒いらしく、ホットカーペットか人間の膝の上に
いる時間が長くなりました(笑)。
このまま膝猫・抱っこ猫になってくれればいいですね〜♪
posted by RIEN at 19:59| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 里帰り♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うきゃー、恥ずかしいっ!
何故お皿で食べられないんでしょうね〜。
自宅でも、絶対お肉は皿の外。
女の子なのに、困ったものです。
コスモスさん、ご馳走ありがとうございました!

ホットカーペット嫌いじゃなくなったかな?
もふもふ自主練は、お腹が暖かくなってからですね。
Posted by karinon at 2010年11月18日 20:58
☆Karinonさん
恥ずかしい写真を載せてごめんなさい!
でも、あまりにおもしろかったもので・・・。
もう、傷口もちゃんとくっついているようで、
走り回ったりごろんごろんしたりしても大丈夫。
若いってすばらしい!

冬の間もずっとハラガリータを維持すれば、
膝猫になるかもしれませんね(笑)。
Posted by RIEN at 2010年11月18日 21:42
綴ちゃん、小さな傷口と上手な手術で、手術がすんでよかったですね! 元気そうで安心しました〜

普段はレイディなのに、お肉に目がないところは、さすがフレイ君のお姉さま。
フレイ君も、普段はおっとりなのですが、お肉を前にすると野生に戻るみたいです。食べ終わった後の、満足そうなお顔も、なんとなくフレイ君と似てるような・・・。やっぱり姉弟ですね(笑)。


Posted by シェラ at 2010年11月19日 00:17
トルコは屋外猫カフェ状態〜満喫中です。
さてつづりん、踊り木ですね...
というかまんまリルケですよ(笑)この記事と一緒!
http://rien.seesaa.net/article/116650798.html
遺伝子って...
リルケがたくましいのかな?
そしてその能力を受け継いでいますね(^^)
にゃいす!

フレイ君もひらきがんばってますね♪

リルケもカムバック開き!
Posted by 添乗員トミにゃん at 2010年11月19日 00:38
RIENさん
昨日の光景をアップしてくださりありがとうございます!
いや〜。野性味あふれてました(笑)

そうか!おなかの毛をそると寒くて膝猫・抱っこ猫になるのですね!!
乙姫の避妊手術の際にはたっぷりそっていただこうかしら(冗談・笑)

karinonさん
いえいえ。どういたしまして。
がっつりくわえたお肉をどうやって食べようか悩んでる姿はかわいかったですよ♪

Posted by コスモス at 2010年11月19日 09:36
あちゃー綴ちゃんもシェリーの類友!?
お魚やお肉は下味したらレンジか冷蔵庫に仕舞わないと泥棒猫にネコババされますよ
まな板の上で下味してたら奪いに来ますから…

RIENさんは卵巣のみ摘出は綴ちゃんが初めてなんですね
職場は特別な場合を除いて猫ちゃんは卵巣のみが主流です
実家のにゃんずもど田舎なのに卵巣のみだったし今はそっちが主流かと思ってましたがまだ違うのでしょうか?
Posted by おさかな at 2010年11月19日 15:48
☆トミにゃんさん
なつかしい。。。
そう、リルケが食欲魔人お肉大好きっ子ですからね。
その遺伝子が子猫たちにもしっかり受け継がれてますね。
そして、食べきれない量と格闘する、
ちょっとお馬鹿ちゃんなところも(汗)。

☆コスモスさん
昨日は、いろいろとお土産有難うございました!
乙姫ちゃんはすでにキャリーのなかなのに
お肉のニオイぷんぷんさせてかわいそうなことしましたね。
昨夜はいつも以上の食欲だったのでは……。

☆おさかなさん
シェリーちゃんの場合は、高級食材しか
ネコババしないんですよね。
猫が奪いにこない肉や魚に下味つけてると
微妙な気分になりそうですね(笑)。

避妊手術の主流は卵巣のみ摘出ですか〜。
今まで2軒の動物病院では、何の説明もされずに
1泊で傷口も大きかったので、それが普通だと思ってました。

(数年前(中野在住時代)にMAIAちゃんが手術したとき、
(ウチの今のかかりつけの先生のところで)
オーナーさんからご連絡をいただいて、
はじめて、卵巣のみ摘出手術のことを知り、
当時のかかりつけ病院に質問し、
手術に2通りあることを知った次第です。
当時のかかりつけの獣医さんはは卵巣&子宮摘出)

避妊手術のときに、どちらの方法か、ということを
飼い主に説明する獣医さんが少ないんじゃないか、という気がします。
そして、ご連絡をいただいた限りでは
ほとんどすべて1泊手術と伺っているので、
卵巣&子宮摘出が多いのかな〜と思ってました。
Posted by RIEN at 2010年11月19日 17:04
☆シェラさん
フレイくん、あんなにおっとりおだやかなのに
肉では野生に戻っちゃうんですね。
(この間のすき焼きではおとなしかったですよ〜)

ごはん食べ終わって満腹になると
ほんとに満足そうな顔してくれますよね。
あの顔を見ちゃうと、、、ダイエット、難しいぞっ!!

Posted by RIEN at 2010年11月19日 18:04
>おさかなさん

いや〜、つづりんは高級志向のシェリーちゃんと違い、どんな肉でも肉は肉!で突撃していく万年欠食猫というか(滝汗) シェリーちゃんと類友なんて、おこがましいっす!(笑)
Posted by karinon at 2010年11月19日 18:47
>RIENさん、karinonさん
シェリーの高級嗜好はね、ぢつは超特価の見切り品や釣や猟のおすそ分けがほとんどですのでスーパーの通常値の輸入肉や養殖魚などよりずっと安いのです(爆)
こっちからすりゃスーパーの通常値の輸入肉が普段のより高い肉なのに食べないのよって状態でして…
でも何故か4パック入68円とかの超安モンでも納豆だけは気にしないです(謎・笑)
Posted by おさかな at 2010年11月19日 23:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック