2013年12月12日

お七の子猫たち成長記録更新しました!

PC111480.JPG

PC111481.JPG

PC111484.JPG

PC111491.JPG

PC111582.JPG

お七の子たちの成長記録を更新しました!
http://rienkitten3.seesaa.net/

みんな、とてもかわいく、元気に成長中です♪

余談。

PC121635.JPG

PC121637.JPG

イングリッシュローズのジュード・ジ・オブスキュア。
衝動買い第一弾組ですが、ようやく、ようやく、咲いてきました。
この秋、この子が一番ほしかったので、届いた苗につぼみがついていて
とっても嬉しかった。でも開花までずいぶん待たされました。
雨にぬれると開きにくいそうなので、
天気予報をチェックし、雨の予報だったら軒下に移動させたりして、
猫より手をかけているんじゃないか、というくらいでした(笑)。

そして、この子はとてもよい香りなのです♪
濃厚なフルーツ香に驚きました。
バラ選ぶ時、香りのことは全然考えませんでしたからね〜。
こんなにまるっとかわいい形で、こんなにいい香りなんだから
もう言うことないです。この花がたくさん咲いたら素敵でしょうね。
来年の春が今から楽しみです。

そして、今日のバラ講座。
植え替えメインで、剪定のことちらっと、でしたが、
「剪定は、植木バサミでざくざく切ってOK。
ツゲを刈り込むように、なんとなく丸く切ればいいんです。
内芽、外芽なんて考えて1本ずつ剪定バサミで切っても、
その通りに芽が出てきたりなんてしないんだから。
ざくざく切っても結果オーライになりますよ」とのこと。

え!? そうなの??
でも、それはバラの道ン十年のベテランさんだから言えることでは……。

あ〜、でも、そうなのかもね。
猫の手作りごはんも、最終的には、生の重量で肉・魚と野菜・穀類半々くらいで
総合ビタミン・ミネラルサプリ、カルシウム、亜鉛をいれれば
どんな食材の組み合わせでも
だいたいAAFCOの基準を満たすものになったことを思い出しました。

でもでも、手作り食の分量がある程度アバウトでいいとわかったのは、
1〜2年、ちまちま栄養計算して、何が何mg足りない、とか
やっていた時期を経てのこと。
やはり、しばらくはバラの枝1本1本、どこを切るか
悩んでみましょう。
そのうち、植木バサミでザクザク切れるようになるかな?

バラの講座を受講していると、猫のことと重なることが多々あって、
猫の遺伝、栄養、シャンプーなど、いろんなことを思い出します。
バラも猫も、色や形を求めるとインブリードに傾きやすいけれど、
インブリードするとどうしても弱くなり、原種の血を入れると丈夫になる、とかね。

猫もバラもそして人間も、生物なんだから
共通点があって当然ですよね。
ざっくり言うと、みんな健康のおおもとは食事なんですね。
(私が一番実践できてないぞ。その割にはとても丈夫なので、
 これは両親に感謝しなくては、です)
posted by RIEN at 20:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック