2014年05月16日

アスランくん永眠・・・・・・

蛍火&ヒロミの息子、アスラン君が
本日永眠したとのご報告をいただきました。
5歳と4ヶ月、まだまだ若いのに残念でした……。
アスランくんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

アスランくんは、我が家のかかりつけの病院に通っていたため、
待合室でご一緒したり、院長先生から様子を伺ったり、
入院中のアスランくんに面会させていただいたり、と
一緒に闘病している気持ちにさせていただいておりました。

半年ほど前からでしょうか、具合が悪くなり、
最初は原因がわからずに院長先生も首をかしげていらしたそうです。
何度目かの検査で、甲状腺機能低下症ということがわかり、
その治療を開始しました。
(猫では珍しい病気です。高齢の猫に甲状腺機能亢進症は多いのですが)

しかし、その後てんかんの発作が始まるようになり、
(脳腫瘍を疑ってMRI検査もしたのですが、異常なし)、
発作が起きるとてんかんの治療をされていましたが、
皮膚にできものができたり
(病理検査の結果、悪性ではなかった)
耳の内側がただれたり、
ちょっと深爪したら血がとまらなくなったり……、と
原因不明の症状が次々とあらわれ、
毎日通院している時期もありました。
通院の回数が減った時でも週1回は通院されていたのではないでしょうか。

てんかんは、気圧の変化で発作が起きることが多いそうで、
これから、梅雨に入り、酷暑、台風、と
辛いんじゃないかなあ、と思っていました。
眠るように静かにおだやかに息をひきとったとのこと、
いい季節に苦しまずに天に召されて、
よかったんじゃないかと思います。
アスランくんが苦しければ、
オーナーさんも苦しいと思いますから……。

5歳という若さを思うと、とても残念ですが、
天国のRIENにゃみりーと仲良く楽しく過ごしてくれれば、と思います。
里帰りしてくれたときも、全然物怖じせず、
フレンドリーないい子でした。

そうそう、5年前の大晦日に逆子で生まれて、
蘇生を頑張ったのでした。
琥珀ちゃんと静(たかちゃん)が1月1日に生まれたので、
登録は元旦ですが、アスランくんだけ大晦日生まれです。
静も昨年逝ってしまいましたが、
今頃、天国で兄妹再会していることでしょう。

アスランくんもオーナーさんも、先生方も
本当に頑張ってくださいました。
頭が下がります。
根本の原因がわからず、次から次へと
さまざまな症状が出てくる、というのは
どんなに辛かったことでしょう。
最後まで諦めず、手を尽くせる限り尽くしてくださった
オーナーさんには心から感謝しております。
有難うございました。
そして、お疲れさまでした。
ゆっくりお休みくださいね。
posted by RIEN at 23:54| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 女中(RIEN店長) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アスランくん
手の先だけが チョット白くて かわいい男の子でしたよね。
調子がよくないことを人づたいに聞いておりましたが うちの子達と同世代なだけに 今回の事が他人事に思えなくて(泣)
でも、優しいオーナーさんに 見守られて 静かに・・・というところで少し救われています。
どうぞ心よりご冥福をお祈りいたします。
Posted by なおこ at 2014年05月19日 12:33
なおこさん、コメント有難うございます。
アスランくん、そう、手先がちょこっとソックスで
目がくりくりした、とてもかわいい子でした。
性格も◎でした。

本当に残念ですが、オーナーさんご夫妻に
大切にされかわいがられ、とても幸せな
5年間だったと思います。

なおこさんちの3にゃんは
まだまだ元気に長生きしてもらわなくっちゃね。
Posted by RIEN at 2014年05月19日 23:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック