2016年04月17日

お見舞い申し上げます

今朝、風の音で目が覚めまして、
スマホで天気を確認すると
4時台に暴風警報のようなものが出たとのこと、
あわてて外に出ると、案の定、
高いところにあるバラの鉢が落ちて
下敷きになったバラの枝がボキボキに折れてたり、
鉢が倒れて土が半分以上こぼれていたり、と
キャー大変!な状況でした。

パジャマのまま(恥)、
鉢の土を戻して、壁際にまとめて、
折れた枝をテープで止めて……と作業をしました。
昨日の夜は風なかったのに、
つぼみがたくさんついたばかりだったのに、と
泣きそうになりながら。

そこで、ハタと熊本・大分の地震を思い出しました。
学生街のアパートがつぶれた、とか
熊本城の魯が崩れたとか
橋が落ちたとか……。

それこそ、前日の夜は何もない平穏な夜だったのに、
親御さんは十何年もお子さんを育てて、
ようやく大学生になって、これからという時なのに、と
思い出したら、涙が止まらなくなりました。
バラですら、こんなに心配で悲しいのに
震災でお友達やご家族が被害にあわれた方々は
どんなに心配だろう、
被害にあわれた方々は、どんなに辛くて不安だろう、と……。

私は、九州に友達や親戚はいませんが、
うちの猫のオーナーさんで、
ご実家が熊本や大分、という方が数人いらっしゃいます。
まずは、知っている方のご実家がご無事でありますように。
そして、被害にあわれた方々、皆さまのご無事と、
亡くなられた方々のご冥福と、
余震が早くおさまること、
皆様の平穏な生活が1日でも早く戻ることを
心よりお祈り申し上げます。
非力で祈ることしかできませんが……。

エクアドルでも大地震があったとこと、
明日はわが身、かもしれません。
うちは、避難が現実的ではないので、
建物が残ることを前提に、猫関係の備蓄しかしていませんが、
今一度、防災タウンページを読み返してみようと思います。
有事にご近所に迷惑をかけたり
足手まといになったりすることは避けたいです。
posted by RIEN at 20:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 女中(RIEN店長) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック