2016年12月14日

たますけくん、柚くん、ベガくん&アルくん

オーナーさん方からお写真をいただきました♪
皆様、有難うございました!!

!cid_158ec886c29b77a40303.jpg

!cid_158f14e6ee8694127233.jpg

!cid_158ec87ed8f474934231.jpg

!cid_158ec885068ab8f48242.jpg

3歳になったたますけくん。
毛糸の帽子は、お誕生日(のお祝い?)に
オーナーさんが編まれたそうです。
かわいいー♪(猫は迷惑そうですが、かわいい!)

今年ブルータビーの子が生まれてないような気がするので、
たますけくんの淡いカラーがとても素敵に見えます。

IMG_-y3bx1o.jpg

DSC_0528.JPG

DSC_0542.JPG

お引越ししたばかりの柚くん。
こたつがお気に入りだそうで、よくもぐってるそうです。
北欧の猫だって、こたつは大好きですよね!

キラキラボールでひとしきりサッカーすると、
くわえてオーナーさんのところに持ってくるそうです。
かわいいっ!
ご家族の皆様がメロメロとのこと、
かわいいお仕事頑張ってますね♪

ベガ.jpeg

ベガくん。

image.jpeg

アルくん。

ベガ&ある.jpeg

ベガくん&アルくん@ねこ部屋
こちらもお引越ししたばかりの2にゃん。
ねこじゃらし大好きのベガくんと
ごはん大好きなアルくんも、
オーナーさんのあとをついてまわって
かわいいお仕事に精を出しているようです。

はじめてノルと暮らす皆さんが、
かわいい、かわいいとおっしゃってくださると
私もとっても嬉しいです。
だって、ほんとにかわいいもんねぇ〜♪
私自身、毎日、「うちの子たちなんてかわいいんでしょっ」と
思ってにゃんずの世話をしております。

さて、ここのところ、冷え込みが厳しくて、調子を崩すにゃんずの
ご報告も多いです。
血尿、頻尿、下痢etc……

おしっこ関係は、飲み水をぬるま湯にする、
つゆだくスープごはん(ドライはふやかし、ウェットも皿にお湯を足す)、
など、とにかく水分をとってもらいましょう。

うちでも、血尿・頻尿が増えているのですが、
かつて膀胱炎をひどくさせてしまった海老蔵だけ
2週間おきに尿検査&膀胱洗浄しています。
女の子たちの血尿・頻尿は、海老蔵の
尿酸化剤のお裾分けでなんとか解決してます。
海老蔵も、今回は早期に通院開始したので、
膀胱炎には至らず、ストルバイトの結晶が多い状態でとどまっています。
(炎症がないので、抗生剤・消炎剤は処方されず、
尿酸化剤のみですんでいます)

うちの病院では、まず尿酸化剤が処方されるのですが、
他の病院ではあまり使わないみたいですね。
多頭飼育のおうちでは、1頭だけ処方食というのは大変なので、
尿酸化剤使えばいいのに、と思うのですが・・・

この季節の下痢について、
有名ブログの「くるねこ大和」さんのところで
数年前に、「床暖房、ホットカーペットで、
腸内の善玉菌が死んでしまって下痢をする」という
記事が書かれていました。

そのことを私のブログでご紹介したら、
「思い当たる!」「うちも!」とのご連絡が多数ありました。
床暖房のある皆様、どうぞお気をつけくださいね。
(床暖いれるときは、ビォフェルミンを頻繁に与えて
腸内の善玉菌増やすとか、処方食を混ぜるとか)

元気・食欲があるなら、ビオフェルミン投与や処方食の
消化器サポート(ロイヤルカナン)、i/d(ヒルズ)などに
食事を切り替えるだけで治ることも多いと思います。
我が家でも、処方食は常備していて、
フードの切り替え時などに混ぜてみたり、
下痢の子を隔離して処方食を与えたりしますが、
よほどのことがない限り、これで治ってます。

ま、何かあったら、いつでもお気軽にご連絡くださいね。
posted by RIEN at 20:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オーナーさんから♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック