2017年07月02日

衝撃と感動と尊敬

五歳のれいかちゃんが、
「うちは、男ふたりだから、
はやくご飯作れるようにならなくちゃ」と
言っていたと、今日の海老蔵さんブログにありました。

私が5歳で母を亡くしたとして、
100%この発想はない。
おとーさんがんばって、か
料理上手なお手伝いさん雇ってね、だろうな。

✳︎うちは、お手伝いさん雇えるような裕福な家庭ではなかったのに、
そういうことを理解できない、お馬鹿な子供でした。

ばぁばもねぇねもお手伝いさんもいるのに、
ご飯作りたいという、れいかちゃんに脱帽です。
さすが、市川家はシッカリ見守っております、
というだけのことはありますね。尊敬。

明日は、親子宙乗り観劇。楽しみ♪
posted by RIEN at 20:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 女中(RIEN店長) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451445533

この記事へのトラックバック