2018年06月10日

背中をトントンされて、

誰⁉ と振り向くと、パンダでした。
昨日も今日も、お客様のお膝に乗っている姿を目撃したし、
もしかして、カフェが心配で成仏できないでいるスーが乗り移ったのでしょうか。

でも、スーは膝に乗るのも踏み踏みするのも
こんなに強引じゃなかったけどなー。

スーだったら、新たにお客様がいらっしゃると、
ちゃんと、「いらっしゃいませ」の挨拶をしに行ってたけどなー。

いけない、いけない、比べちゃいけない。
パンダはパンダで、私やお客様に愛情表現してくれているのだものね。

猫ですら、こんなに愛おしく、いなくなったら寂しいのに、
池田小でお子様を亡くされた親御さんの心はどんなだろう、
結愛ちゃんはひらがなをかきながら、
お父さんの心を一生懸命トントンしたのにね……、と
胸がしめつけられる思いです。
posted by RIEN at 20:03| 東京 ☔| Comment(0) | パンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: