2018年08月21日

可憐ちゃんの訃報

8月20日21時過ぎに、桜姫とヒデキの娘、
可憐ちゃんが息をひきとったとご連絡いただきました。
リンパ腫で2年半闘病を頑張ってくれましたが、
林檎ちゃんが亡くなってから急速に容体が悪化し、
後を追うように逝ってしまいました。

以下、覚えている限りの闘病記録です。
2016年3月頃、痩せたとのご連絡をいただき、
私のかかりつけ病院で診断していただいたところ、
低グレード悪性リンパ腫と診断される。
顎、脇、膝裏など体表のリンパがボコボコに腫れており、
そこから注射で採取した組織を病理検査。
エコーで診たところ腸間膜リンパも腫れていた。
クロラムブシルを2日おき、ステロイド、抗生剤などで治療をはじめ、
1か月後には、体表、腸間膜のリンパの腫れがおさまった。
そこから2年、毎月の血液検査と投薬を継続。

2018年3月。
2年たったので寛解と判断してもよかろう、とのことで、
クロラムブシルを1週間に1回に減薬。
ステロイドは継続、抗生剤はやめる。

2018年8月4日。
呼吸が荒いとの連絡をいただき、時間外診療。
軽い肺炎とのことで、2日間入院して退院。
退院後には元気・食欲戻る。

8月9日 林檎ちゃん永眠。

8月17日
体重が2キロを切り、貧血が進み、腎臓の値が急激に悪化、脱水も。
(8月6日には、貧血なし、腎臓の値正常、脱水なし)
入院し、静脈点滴の後、輸血(ローズちゃんより)。

8月18日退院。
強制給餌と皮下補液の必要から、しばらく渡部宅で預かることに。

8月20日
高栄養食を口に入れると飲み込んでくれる。
皮下補液もちゃんと吸収された。
よろよろしながらも自力でトイレにいく。

8月20日
強制給餌しようとしても飲み込まなくなる。
立てなくなり、次第に寝返りも打てなくなる。
名前を呼ぶと、シッポを振って返事していたのが、午後には返事をしなくなる。
夕方、LOYDさんに迎えに来ていただく。
「あと1時間したら迎えにきてくれるから頑張って!」というと、
声にならない声で返事をした。
その時点では、家に帰りつくまでもたないかも、という状況だった。
帰宅してから、嬉しかったのか、名前を呼ぶと返事をするようになったとのこと。
それでも、その3時間後には力尽き、
3回大きく息を吸って、息をひきとったとのこと。
「林檎が、え〜、来たの?と迷惑そうな顔をしながら
我慢してそうな気がします」とメールいただきました。

可憐ちゃんは、抗がん剤クロラムブシルの効きがとてもよく、
まだまだ頑張ってくれると思っていたので、私も残念です。
が、LOYDさん&ご家族の皆様は、林檎ちゃんが亡くなって10日ほどで
可憐ちゃんにも旅立たれ、どんなにか寂しい思いをされていることでしょう。
私も、おとな猫をこんなに短期間に続けて亡くしたことはないので、
その寂しさは察するにあまりあります……。

可憐ちゃんのご冥福と、ご家族の皆様の寂しさ・悲しさが
1日も早く癒えることを心よりお祈り申し上げます。

posted by RIEN at 20:30| 東京 ☀| Comment(0) | お悔やみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: