2018年08月27日

怒り

他店の悪口は言いたくないけれど…

問題を起こした猫カフェさん、
22日に問題の店舗の営業を開始したと思ってたら、
一週間もたってないのに、お詫びや経緯報告の文書を
HPから削除して、何もなかったことにしています。

22日には、遺伝子検査でパルボ陽性だけと無症状の子が三頭、
パルボ陰性だけど具合悪い子一頭いて、
その子たちは隔離施設にいると書かれていました。
その子たちが今どうしているかの報告はなし。
(おそらく猫紹介のページから消えてると思う。数的に)

私だけじゃなく、都内の猫カフェオーナーさんは、
みなさん今回のことで胃が痛くなる思いをしてるでしょうし、
猫好きな方々みなさんが問題のお店の猫たちを心配していると思うのに、
あまりにも酷い対応な気がします……

削除されたお詫び文に、
「猫に対する愛情は誰にも負けません」みたいなこと
書かれてた気がしますが、
数日で削除する程度の愛情ってことですかね。

猫カフェで利益出すぎて笑いが止まらない、と、
社長が個人ツイッターでつぶやいていたそうなので、
(アカウント削除された)
万年赤字の私の、負け犬の遠吠えだと思ってください…

この怒りはいったいどこへ向ければいいんでしょう?
posted by RIEN at 15:51| 東京 ☀| Comment(0) | 女中(RIEN店長) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: