2020年05月11日

暑さによるバテと熱中症に気をつけてください!

ここのところ、暑さによるバテや脱水と思われる
猫の体調不良のご報告が多いです。

急に暑くなったので、猫にも暑いという自覚なく、
冬あたたかかったのでお気に入りだった場所で
寝ているうちに温度が上がって…ということも
あるようです。

猫はほとんど汗をかけないので、
熱が体内にこもってしまいます。
人間は半袖になれても、猫は毛皮を着たまま。
真夏でなくても熱中症、
それに近い状態になることもあります。

今日は10時過ぎの現在、湿度75%気温26度で、
これからまだ気温あがりそうです。
予想最高気温は28度ですが、
日向は30度前後になるのでは?

猫の居場所や寝相などと室温見つつ、
人間がフリース着てちょうどよいくらいに
調整してみてください。

元気、食欲ない、嘔吐する、などの場合は、
動物病院で補液してもらうと回復すると思います。

人間さまも猫さまも、暑さにどうぞお気をつけて!!
posted by RIEN at 10:44| 東京 ☀| Comment(0) | 病気・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月06日

今夜は冷え込むようなので、膀胱炎や下痢にご用心!

暖冬のせいか、この冬は、
うちの子たちも膀胱炎と無縁だし、
膀胱炎のご報告も少ないように思います。

が、今夜から明朝は冷え込むそうです。
暖かい日が続いたあとに冷え込むと、
突然、膀胱炎が増える気がします。

今日は、ぬるま湯、ちゅーるスープなどで、
にゃんずの水分摂取に努め、
夜から朝に室温が下がらないよう気をつけ、
明日以降は、頻尿や血尿の兆候ないか、
観察してみてくださいませ。

私も、今夜は海老蔵に、尿酸化剤サプリを
いつもの倍量飲ませる予定です。

posted by RIEN at 12:10| 東京 ☀| Comment(0) | 病気・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

明日気温が10度下がるそうなので、膀胱炎、下痢など気をつけて!

今日は30度を超えましたが、
明日の最低気温19度予想です。

人間も猫も体調崩しやすくなります。
膀胱炎や下痢を起こしやすい猫さんはご用心ください!
(うちも、海老蔵の膀胱炎が心配。
今日は尿酸化剤飲ませておこうかな。)
ちゅーるスープ、ぬるま湯などで水分補給しつつ、
ダンボールや猫ベッドなど、保温できる場所を
つくってくださいね。

室内蒸し暑く、冷房効きにくかったり、
冷やしすぎたりしがちで、人間もだるくなったり
風邪ひきやすくなったりすると思います。
夏の疲れが出てくる季節でもありますし。

みなさま、みにゃさま、体調くずされませんように!
なにかあれば、とりあえずご連絡くださいね。
posted by RIEN at 20:40| 東京 ☁| Comment(0) | 病気・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

FIPの新薬が中国のブラックマーケットで入手できるそうです。

京ママさんからコメントをいただき、
FIPの新薬について教えていただきました。

gs441524という物質でFIPが寛解した子が多い、ということは
私も知っていました。
↓詳細はこちらです。
こねこの部屋
https://www.konekono-heya.com/news/2019/february/15.html

まだ、成分が発見された、という話なので、
これから、治験などが行われ、認可され、販売開始となるには
10年はかかるだろうと思っていました。
(心那ちゃんオーナーさんも、獣医さんにそのように言われた、と
おっしゃっていましたね)

京ママさんから教えていただいたのは下記獣医さんのサイト。

ブルーム動物病院
https://r.goope.jp/bloom-animal/info/2631803

え? もう商品化されたの? と画像を見ると、漢字?
中国製???
商品化されているなら、個人輸入もできるだろう、と
さっそく検索してみました。

そうしたら、中国のブラックマーケットでなら手に入るが、
アメリカの会社から製造中止の要求を受けていて
3社のうち2社は製造をやめるが、
1社は「gsではない」といって製造を続けているらしいです。

予想はしていましたが、かなり高価です。
注射の場合、猫の体重1キロあたり1か月10万前後のものを
(この金額は仕入れ値になると思うので、
獣医さんの利益を乗せると倍近くの値段になるはず)
2〜3か月続ける必要があります。
内服だと1か月7万円くらい?
(1ドル100円でざっくり計算してみました)

↓ものすごく詳しく書いてあります。
https://www.nagoya-endo.com/猫のあれこれ/fip/

値段、投与量、入手先も含めて書いてあり、
よく、ここまで調べてまとめてくださったな……と思います。
サイト制作者の方、糖尿病の専門医としか書かれてないのですが、
おそらく、人間を診る医師の方が、自分の愛猫をFIPで亡くし、
調べに調べてこのページを作成されたようです。

ブラックマーケットでしか手に入らないもので、
アメリカの会社から製造中止の要求がなされているということは、
すぐに手に入らなくなってしまう可能性もありますが、
今現在なら、個人輸入できそうです。
そして、今なら、ブルーム動物病院に行けば
gs441524の皮下注射の治療が受けられます。

内服薬のほう、1/10くらいの値段なら、
今のうちに個人輸入して、万一に備えたいですが、
使うかどうかわからない薬に20万前後の投資は厳しいかな……。
(1頭をきちんと治せる量を買わないと意味ないしね……)

それにしても、恐るべし中国。
治験も認可もパテントも無視している、ということですよね……。
(中国にはおそらく、治験や認可が法整備されていないに違いない。
遺伝子書き換えた人間を誕生させたというニュースもあったくらいだし)
gs441524の製造を続けたら、おそらくアメリカから訴訟起こされて負けると思うので、
入手するなら今のうち、だと思うのですが、いかんせん高い……。

早く正規品が製造されますように……。
1日も早く!!

【追記】
こねこの部屋の情報は、以前、院長先生にお知らせしてありますが、
今回、ブルーム動物病院のURLと
中国のブラックマーケットで買える、という情報を
院長先生にお伝えしたところ、
先程、ご連絡をいただきました。

この薬はかなり有効そうだ、ということで、
お知り合いの製薬会社の方に、お伝えくださったそうです。
中国製のものの情報と、アメリカでの製品化情報など、
調べていただいて、わかったことがあれば、
ご連絡いただけるそうです。

現時点では、コンプライアンスの問題が大きそうだが、
入手可能ならしてみたいと思ってくださっているようです。
値段は大きなネックですが、手術や抗がん剤と比べて
バカ高いわけでもなく、それで命が助かるなら
なんとかしたい金額ではありますね。

うちの院長、いつも対応早くてありがたいです。
今現在、FIPの子がいるわけでもないのに…

京ママさんも、情報提供ありがとうございました!
早く正規品が誕生しますように!
posted by RIEN at 20:05| 東京 ☁| Comment(2) | 病気・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

ヒトのウィルス性白血病

https://digital.asahi.com/sp/articles/SDI201908222767.html?iref=sp_new_news_list_n

ウィルス性は猫だけで、ヒトのは全部骨髄性だと思ってました。
posted by RIEN at 10:50| 東京 ☁| Comment(0) | 病気・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

今後は、お預かり(ホテル)や里帰りを控えてください。

心那ちゃん(3歳)が、FIPの可能性が非常に高いと診察された、とご連絡がありました。
症状を伺い、私も、FIP以外の病気の可能性は考えられないと思いました。

年末年始に、心那ちゃんを2週間ほどお預かりさせていただきました。
その時、ジョンくんやカンナちゃんと一緒に過ごしています。
そして、春〜初夏に、ジョンくん、カンナちゃん、ボージーくんが
FIPで亡くなっています。

FIPは、コロナウィルスが猫の体内でFIPウィルスに突然変異して発症する、
と言われています。
コロナウィルスは、腸内で増殖し、糞便経由で容易に感染します。
コロナウィルス自体は、10年以上前からずっとうちの子たちも持っています。

FIPウィルスは、腸内には存在せず、
血液、腹水などの体液内に存在するため、糞便経由では感染せず、
したがって、FIPウィルス自体は、感染しない、というのが
現段階の通説・有力説だと思いますが、
ここまで、FIPが連続して発症すると、
変異したFIPウィルスが感染しないとはいえないんじゃないか、という気がしてきます。
(涙、唾液、鼻水などを介して感染するのかどうか、というところは、
いまのところ、文献を発見できていません。
英語で検索したら何か出てくるかもしれませんが)

もしくは、FIPに変異しやすいコロナウィルスの株、というものが
存在するのではないか、という気もします。
(型と株が数種類あることはわかっています)

そこで、今年は子猫のワクチンが終わっても、
カフェデビューさせるのをやめてみよう、と思った矢先、
3歳の心那ちゃんのFIPのお知らせでした。

年末年始のお預かりと、今回の発症の関係はわかりませんが、
「関係ない」ということを証明する手段が現時点ではありません。
そうすると、カフェにて、里帰りやお預かりした子は、成猫であっても
FIP発症する可能性を否定できない、ということです。
予防も治療もできず、致死率99%以上の病気ですから、
回避できるリスクは回避すべきだと思います。

お盆〜シルバーウィークにかけて、お預かりを予定していた子の
オーナーさん方にはご連絡させていただきましたが、
今後は、日帰りの里帰りも、見送っていただいたほうがよいと思いますし、
お泊りは、ペットホテルやシッターさんを探してください。
現在、FIP発症している猫はおりませんが、
本猫は発症していないがFIPウィルスを保持しているキャリア猫、という
存在も否定することはできません。
(現時点では、検査する手段がないと思います)
1〜2時間の里帰りで感染する病気ではないと思いますが、
万一の場合には、なすすべなく悲しい結果になってしまいますので……。

RIEN出身猫たちが里帰りしてくれることは、私にとっても何よりの
楽しみでしたし、オーナーさん方も、私を喜ばせようと思って
連れてきてくださっていること、とても嬉しく思っていました。
それができなくなることは、本当に、本当に、残念なことですが、
命には代えられません。

FIPの治療や予防が確立されれば、里帰りやお泊りも復活させます。
2〜3年、まったくFIPの発症がなくなったら、検討の余地があるかもしれません。
できれば、私が猫カフェを続けている間に、里帰りやお泊りを
復活できるとよいのですが……。

最後になりましたが、心那ちゃんがFIPではないこと、
FIPだとして、寛解してくれることを、
心からお祈りしております。
posted by RIEN at 21:23| 東京 ☀| Comment(0) | 病気・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

明日から夏日続くので、にゃんずの暑さ対策を!

天気予報サイトによって、東京(世田谷)の最高気温に
多少の差はありますが、明日から夏日(25度超え)が続き、
金曜あたりからは真夏日(30度超え)が続くようです。

今日まで、過ごしやすい日が続いたので、
(今日は大雨で過ごしやすくはないか……)
急激に暑くなる印象です。
今日の雨で、明日は蒸し暑く不快指数の高い日になりそうな……。

明日からは、昼間留守にする場合の冷房は必須だと思います!!

人間がいる間は、人間の体感気温、
猫の寝姿、呼吸などでエアコン調整すればよいと思いますし、
エアコンいれなくても網戸からの風でOKと思いますが、
留守にする時は、夏場より少し低めの温度設定にされるとよいと思います。

いつも、夏場のエアコン温度設定を27度前後にしているおうちでしたら、
25〜26度にしていただくとちょうどよいかな、と思います。
真夏は、猫のほうも暑さに慣れてくるので、
27〜28度の設定で大丈夫だと思いますが、
急激に暑くなると、食欲や元気がなくなったりする可能性があります。

冷房が苦手な子、高齢の子だったら、冷房の設定温度を低めにしつつ、
エアコンの風から逃げられる場所(段ボールの中に猫ベッドを置いておくとか)を
用意してあげるとよいと思います。

うちは、古いセントラルヒーティングなので、部屋ごとの設定ができず、
一番暑い部屋の子たちの様子にあわせて温度設定をするので、
セントラルの温度設定22度にして、年寄りのいる部屋にはホットカーペットを置いたりもします。
(なんてエコじゃないんでしょう……)

この暑さがいつまで続くのかわかりませんが、
もうすぐ梅雨だと思うので、いったん暑さも落ち着くこととは思います。
梅雨寒からの猛暑とか、激しい寒暖差はやめてもらいたいものですが、
最近の気候だと、そんな感じになりそうで怖いですね……。

繰り返しますが、明日から夏日続く予報なので、
皆様も、天気予報には注意していただきつつ、
留守中のエアコン温度設定、ご確認よろしくです〜!
posted by RIEN at 14:10| 東京 ☔| Comment(0) | 病気・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

猫との遊び方動画と遊ぶ時の室温について



この動画くらいの動きなら、
室温を気にする必要はありませんが、
レーザーポインターやねこじゃらしで
しっかり運動させる時は、
エアコン温度を低めに設定してください。

人間がフリースを着ていてもOKな温度まで
下げていただくと、ちょうどよいかと思います。

遊んだ後に息を切らすので、どこか悪いのかと
心配される方もいらっしゃいますが、
これからの季節に毛皮のコート着て1分走ったら
息切れしますよね〜。

冷房嫌いな猫も多いので、
普段は、それほど温度を下げる必要ないと思いますが、
(人間が快適な温度で大丈夫)
力いっぱい遊ぶぞ、という時は、3〜4度下げ、
遊び終わって呼吸が落ち着いたら、戻すとよいと思います。

つい遊び過ぎちゃって、息切れが治らない、
という時は、首や太もも内側の大動脈を
保冷剤などで冷やしてあげるといいと思います。

熱中症?というような時も、
首や太もも内側を冷やします。
(夏の通院時、キャリーの中でハアハアしてるような時も
保冷剤を首筋にあてたりしています。
待合室に冷房効いていても、
キャリーの中は暑かったりしますからね〜)





posted by RIEN at 16:15| 東京 ☀| Comment(0) | 病気・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

ああ〜よかった〜〜〜

生後6か月のボージーくんが、最近食っちゃ寝……で
おなかポヨポヨ、太りすぎではないか、とご質問いただきました。

大丈夫、というメールを後でゆっくり書こうと思っていたら、
「この1週間、マーシュと追いかけっこする姿を見ない」などの
追加情報メールが入りました。

元気がない? ということは、
まさか、おなかのポヨポヨは腹水??

慌てて、FIPの初期症状の説明と、
念のため、病院でエコー(腹水胸水チェック)と
血液検査(貧血、黄疸、タンパク上昇等)を受けてほしいと返事しました。

そのすぐあとに病院に行ってくださったのですが、
「内臓的な問題ではなく腰を痛めていた」とのことで、
整体の手技で治してくださったそうです!

私からFIPの可能性を指摘されたオーナーさんご家族も
死ぬほど心配されたそうですが、
私も死ぬほど心配で、オロオロしてしまいました。
腰だった、とのご連絡に、涙がボロボロと……。
本当によかったです。
お騒がせして申し訳なかったですが、
結果的に病院に行ってよかったので、
心配させすぎた点は許してください。

ゴハンになると起きてきて食べてはまた寝るとのことだったので、
腰を痛めていてもゴハンを食べにくるところがたくましいというか
頼もしいというか。
体重も増えているので、その点はFIPにしちゃ珍しいな、とは思っていたのです。

高いところのあるお宅ではなかったと思うのですが、
うちのノルたちどんくさいから、低いところから
変な落ち方をして腰を打ったのかな?

そういえば、ボージーくんの祖母のグロリアちゃんは、
猫じゃらしを追いかけて、カフェのテーブル(70センチくらい?)から落ち、
前足の骨にひびがはいったことがあったのでした。
グーちゃんも、骨にひびがはいって、
足を持ち上げて歩いていた割に、食欲は落ちなかったっけ。
たくましい家系です。

それにしても、本当によかったです。
早く腰を治して、マーシュくんと一緒に走り回ってね!
posted by RIEN at 20:54| 東京 ☀| Comment(0) | 病気・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

案の定、膀胱炎に嘔吐に下痢……

寒暖差に気をつけて……、とブログに書いたら
さっそく、というか、案の定、というか、
アポロが頻尿(うっすら血尿かも)、
ちびっこたちが、嘔吐&下痢。

アポロのほうは、膀胱に全然おしっこがたまっていないので
残尿感があるだけの様子です。
おそらく、炎症を起こしていると思うので抗生剤、
血尿ということは、石か砂があるはずなので尿酸化剤、
このふたつを、海老蔵が詰まった時と同じ量で飲ませたら
落ち着いてきた模様です。

子猫の嘔吐&下痢も、離乳期につきものなので、
注射と内服薬をGW用予備にいただいてあります。
注射、内服、状況によっては点滴で、
数時間で回復しているので、パルボではないでしょう。

子猫の嘔吐には、セレニアという中枢神経に作用する薬の注射が
一番よく効く気がします。
水飲んでも吐いちゃうような子に胃薬飲ませても効果がなく、
胃腸を動かす薬のプリンペランの注射だと、
薬が切れた頃にまた嘔吐が始まるのですが、
セレニアで胃を休ませてあげると、それだけでおさまるのですよね。
だいたい1回の注射でおさまります。
嘔吐がおさまると、すぐに元気になって走り回りはじめます。

ちびっこたち、もう缶詰もカリカリも食べているのですが、
吐くのは、白い塊(母乳が固まったような感じのもの)なんですよね〜。
離乳して普通のご飯を食べるようになってから、母乳を飲むと
胃が混乱しちゃうのかしら。
茶色い塊を吐くなら、まだうまく消化できないのね、と思うのですが、
白い塊を吐くので、毎回ちょっと謎に思っています。

みんな回復傾向にあるので大丈夫と思いますが、
明日は、今日より寒いのですよね〜。
昨日は蒸し暑くて冷房いれていたのに、
今日は冷えるので暖房入れてます。
室内は20度以上あるのに、寒く感じるのは
やはり、昨日暑かったからですよね。
今日の夜も、温度高めに設定して暖房入れっぱなしかな。

GWは休診になる病院も多いかと思いますが、
困った時はご連絡くださいね。
人間もインフルが再流行しているようですし、
皆さんも、にゃんずもお気をつけて〜。
(私もインフル気をつけよう……)
posted by RIEN at 20:54| 東京 🌁| Comment(0) | 病気・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする