2018年08月26日

みなさんのおうちの猫さんのワクチンについて

私が大騒ぎしているので、皆さんもワクチンについて
あれこれ心配しているご様子。申し訳ない……。

お外に行かない猫さんは、
生後16週、1歳頃、4歳頃、7歳頃、10歳頃、の
ワクチン接種で、十分に感染症を予防できると思います。
大切なのは、母猫からの移行抗体がなくなる16週頃のワクチンと、1歳のワクチンです。
(まれに、16週を過ぎても移行抗体が残っていることがあるため、
1歳頃のワクチンも重要です)

いろいろ調べてみると、ワクチンの抗体価はかなり長いこと残るようです。
犬のパルボウィルスワクチンの抗体が15年以上残ることもある、とか
ワクチンは、移行抗体が完全になくなってから接種したものであれば
一生効果が持続するといった記述も目にしました。
ワクチンの抗体価が低くなっても、即感染するということはあまりなく、
メモリーB細胞が機能していれば、ウィルスが侵入した時に
すみやかに抗体をつくることができ、感染を防御できるそうです。
(ただし、抗体がどれくらいあるかどうかは検査できるけれど、
メモリーB細胞が機能しているかどうかを検査することはできません)

ワクチンには、アナフィラキシー反応、アレルギー反応、
発熱や元気・食欲喪失といった症状、繊維肉腫といった副作用が
起きる場合があります。
この副作用を重視する先生方は、「成猫はワクチンの間隔を3年以上あけるべき」と
お考えのようです。

他方、現在でも毎年の接種を推奨する獣医さんもいらっしゃいます。
その理由は、日本のワクチン接種率の低さにあります。
欧米では、ワクチンは3年に1回程度が主流だけれど、
それは、欧米のワクチン接種率が高いからできることであって、
日本は、法律で義務化されている犬の狂犬病のワクチンですら
接種率が50%以下で、パルボ、ヘルペス、カリシなどの混合ワクチンの
接種率はそれ以下なので、ひとたび感染症が大流行した場合に、
犬猫を守るためには、毎年1回のワクチンが必要だ、というものです。

この集団防疫の観点、最初はなるほどそうか、と思っていたのですが、
よくよく考えると、ワクチン接種率の問題と、
個体のワクチンの間隔の問題って、関連するの?という疑問が……。
例えば、現在、日本の猫カフェもしくは
野良猫の間でパルボウィルスが大流行してしまった、とします。
その場合、3年に1回しかワクチンを接種していない、完全室内飼育の猫にも
パルボウィルスが大流行してしまうのでしょうか?
そんなことはないような気がしてならないのですが……。

パルボにしてもヘルペスやカリシによる猫風邪にしても、
成猫が感染しても、劇症化することはあまりなく、
死亡に至るケースはほとんどないと思うので、
一般家庭で完全室内飼育の猫ならば、
1歳できちんとワクチンを打っていれば、
その後は、ワクチンや感染症に神経質になる必要はないと思います。

保護猫活動をされていたり、猫カフェに行くのが好きだったり、
野良猫の写真をとるのが好きだったり、という方の飼い猫さんは
少なくとも3年に1回、ご心配ならば毎年、ワクチンを接種するといいと思います。
(私は、ワクチン接種を否定しているわけではありません。
可能なら限り減らしたほうが、副作用のリスクを下げられるなと思っています)

感染症やワクチンについて詳しく知りたいかたは、
以下のサイトを参考になさってください。

↓飼い主向けにわかりやすくかかれたもの。

★「混合ワクチンを接種するねこちゃんのオーナーさまへ」
あかつき動物病院さんが、世界小動物獣医師会(WSAVA)のワクチンガイドラインを
わかりやすく簡単にまとめたもの。
http://www.akatsuki-ah.com/img_top/2017vaccineCat.pdf

★こねこのへや「ワクチン接種」
ワクチンの種類(生か不活化か、3〜7種など)、
打つべき時期、副作用などについてわかりやすくかつ詳細にまとめてあります。
https://www.konekono-heya.com/byouki/vaccine.html

★マルピーライフテック社
「犬や猫のワクチン抗体価検査について知ろう」
4コマ漫画で、抗体価検査について説明してあります。
https://www.koutaika-kensa.info/



↓獣医師・研究者向けなので難解だけれど詳細なもの。

★猫汎白血球減少症(パルボ)
日本感染症研究会㏋「ABCDガイドライン」より
https://jabfid.jp/SiteCollectionDocuments/FPV.pdf

ABCDガイドラインは、ヘルペス、カリシ、クラミジア、FIPなどについても
とても詳しくて参考になります。

★「ワクチン免疫の基礎と臨床
ーワクチン効果を上げるもの下げるものー」
本川賢司著(学校法人北里研究所 生物製剤研究所)
http://www.kachikukansen.org/kaiho/PDF/4-2-39.pdf

★世界小動物獣医師会(WSAVA)のワクチンガイドライン2015年版
https://www.wsava.org/WSAVA/media/PDF_old/WSAVA-vaccination-guidelines-2015-Japanese.pdf











posted by RIEN at 15:22| 東京 ☀| Comment(0) | 病気・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

パルボウィルス等ワクチン抗体価検査について

ワクチンの抗体価検査は、あまり一般的なものではないと思います。
私のブログを、他のブリーダーさんや猫カフェさんが
ご覧になっている可能性は低いとは思うのですが、
もし、どなたかが検索してたどりついて、役にたつことがあるかもしれないので、
私の経験を記しておきます。

ワクチンの抗体価は、ウィルスに感染しているかどうか、ではなく、
ワクチンのウィルス予防効果がどれくらいあるかを
検査するものです。
(コロナウィルスの抗体価は、腸内にいるコロナウィルスの抗体が、
血液内にどれくらいあるかを検査するもので、
ウィルスがいることを前提にしていますが、
ワクチンの抗体価は、体内にウィルスがいないことを前提にしています。
どのウィルスでも、体内にいるかどうかを知りたい場合は、
遺伝子検査が確実です)

結論からいうと、もし、ブリーダーさんが猫カフェに子猫を譲ることになった場合、
猫カフェさんが、子猫をデビューさせる場合、
ワクチンを接種し、その1〜2週間後に
ワクチンの抗体価が十分にあがっていることを確認してから、にすると
パルボウィルスによる反汎白血球減少症による死亡を予防できると思うし、
ヘルペスウィルス、カリシウィルスによる猫風邪を発症しても
症状を軽減できると思います。

私が、うちの子猫たちで行ったのは、
マルピーライフテック社の「猫ワクチンセット」という血液検査です。

D9FA26EB-C95D-40C4-ADCC-A8287630EC6B.jpeg

このように、パルボウィルス、カリシウィルス、
ヘルペスウィルスの抗体価がわかります。
★3か月以下の子は、移行抗体を配慮する必要がある旨、
注意書きがあります。

【基準値】
カリシ4倍以下、ヘルペス2倍以下、パルボ10倍未満:ワクチン効果不十分
カリシ8〜16倍、ヘルペス4〜8倍、パルボ10倍〜20倍:
現時点でワクチン効果が期待できが、
1年以上の効果を期待するにはもう少し高い抗体価が望ましい。
カリシ32倍以上、ヘルペス16倍以上、パルボ40倍以上:
十分なワクチン効果が得られている

ワクチン接種してから抗体ができるまでに1〜2週間かかると言われます。
その期間を経過してから、抗体価を検査し、それから猫カフェデビューさせれば
パルボで死亡することはおそらくないでしょう。
検査は1回8000円程度ですが、安心を買うと思えば安いものです。

以前、我が家で猫風邪による鼻炎・結膜炎が流行した時、
私は、まずワクチンの回数を増やし、6週、9週、12週で接種しました。
また、3種ワクチンだけだったのを、3種、5種、7種の組み合わせにしました。
結膜炎の症状が強くて、クラミジアが一番悪さをしていると思われたので、
クラミジアのはいっているワクチンにしたかったからです。
(ただし、現在は、5種も7種も手に入らなくなってしまい、3種のみに戻りました)

その後、6週、9週で接種しているワクチンに意味があるのか、と
疑問に思うようになり、抗体価の検査をすることを思いつきました。
母親からの移行抗体の減少と、ワクチンの抗体の増加を
きちんと確かめたかったからです。
2016年、複数の猫で、1か月、2か月、3か月と抗体価検査をしていった結果、
我が家の場合、個体差はあるけれど、生後10週〜11週で母親からの抗体価が減少し、
その時期に接種したワクチンから効果が出る、ということがわかりました。

画像は、ヘーゼルナッツという子の検査結果ですが、
この子についての推移は以下の通りです。

2016年4月12日誕生

5月19日(生後6週):パルボ40倍、カリシ16倍、ヘルペス4倍
母猫からの移行抗体で十分守られています。
この日に1回目のワクチンを接種しました。

6月15日(生後9週):パルボ10倍未満、カリシ32倍、ヘルペス2倍未満
母猫からの移行抗体が減っていて、1回目のワクチンの効果は出ていません。
(うちの子猫に生後6週でワクチンを打っても無意味ということです)
生後9週というのは、生後2か月ですが、
この時期にパルボウィルスに感染すると
ほとんど防御できない、ということです。
この日、2回目のワクチンを接種しました。

7月6日(生後12週):パルボ10倍未満、カリシ32倍、ヘルペス2倍未満
2回目のワクチンの効果も出ていないことがわかりました。
この日3回目のワクチンを接種しました。

従来、子猫のワクチンは生後2か月、3か月で接種することが一般的でしたが、
生後2か月で接種したワクチンでは抗体ができない、ということです。
(移行抗体がなくなる時期には個体差がありますが)
今回のパルボ事件で亡くなった子猫たちもワクチンを接種していたようですが、
生後2か月で接種しても、そのワクチンで抗体ができなかった、あるいは、
抗体ができる前にカフェデビューしてしまった、ということになります。

8月3日(生後16週):パルボ20倍、カリシ256倍、ヘルペス8倍
3回目のワクチンで、ようやくパルボの抗体があがってきました。
それでも、まだ十分ではありません。ので、4回目のワクチンを接種しました。

この4回目のワクチンの抗体は検査しませんでしたが、
検査機関とかかりつけ獣医師が相談してくれて、我が家の場合は、
11週と16週の2回ワクチン接種するのがよかろう、ということになりました。
私は、とにかく猫風邪が怖かったので、この3種のウィルスの中では、
ヘルペスの抗体価を一番気にしていたのですが、
検査機関のほうでは、パルボの抗体価を重要視した説明をされていました。
その意味が、今、はっきりとわかりました。
どちらにせよ、この検査を行ってよかったです。

この年、数頭を数回検査し(4回通して検査したのはヘーゼルのみですが)、
計15回の検査を実施したので10万円以上の出費にはなりましたが、
このおかげで、ワクチン3回接種から2回接種に減らすことができ、
もっとも確実な時期に接種することができるようになりましたし、
移行抗体もワクチンの抗体もない危険な時期、ということも
再認識できるようになりました。
子猫たちのかけがえのない命を守るための大切なステップになったうえ、
ビジネス的に見ても、コストダウンにつながる投資だったと思います。

生後2〜3か月の子猫は、文句なくかわいらしく、
猫カフェにおいては、超スーパーアイドルになること間違いなしですが、
上記検査結果を見ると、感染症の危険が最も高い時期です。
生後3か月までは、外部との接触を避けて育て、
生後3か月頃にワクチンを接種し、抗体ができるまで2週間くらい待って、
(できれば抗体価の検査もして)
それからカフェデビューをさせると、感染症のリスクをかなり減らせます。

保護猫であれ純血種であれ、ひとつの大切な命です。
もっともかわいい時期に売り出すことができなかったとしても、
猫はその存在自体いとおしいはずです。
FIPなど、予防のできない病気もありますが、
ワクチンで簡単に予防できる病気は予防したいものです。
(しかも、そのワクチンの効果も測定できるのです!)

今回の事件で、私は自分の猫は大丈夫か、ということで
しばらく頭がいっぱいになっていましたが(今もですが)、
亡くなった猫さんたちが気の毒でなりません。
そして、現在臨時休業中のお店の猫さんたちも心配です。
事態がよい方向に向かうことを心から願っています。

そして、うちの店を大切に思ってくださる皆さんに、
「うちは大丈夫!」と言い続けられるよう、
今日も、せっせと掃除や消毒に励みます。

【補足】
2016年、15頭ほど検査したのは、
同腹兄弟姉妹で抗体価にばらつきがあるか、
母親が違う、月齢の同じ猫でばらつきがあるか、
母猫のワクチンの時期で、移行抗体の量に差があるか、を
知りたかったからです。

月齢が同じ子猫なら、個体差はたしかにあるけれど、
抗体価に大きなばらつきはなく、
ワクチン接種後すぐ交配した母猫の子と
ワクチン接種後一年後くらいに交配した母猫の子の
抗体価にも大きな差はありませんでしたが、
ワクチン直後に交配した母猫の子の抗体の減少のほうが
一週間程度遅いような気がします。
もっとたくさんの子猫で検査すると、
このあたりもはっきりするのでしょうが、
それはお金がかかり過ぎて無理です。

ヘーゼルナッツの抗体価の推移は、
きちんとワクチンを毎年接種している母猫から
産まれた子猫の平均的な数値と、
考えてよかろうと思っています。

今後は、おとな猫たちで、
ワクチン接種後2年、3年、4年…と検査して、
3年に1回でいいのか、もっと減らせるのか、
それとも、毎年接種しないとだめか、を
検査していきたいと思っています。

年取るとワクチン後の不調が強くでる気がして、
年寄り猫は、健康診断や持病の治療はしても、
できるだけワクチンを接種したくないです。

昔、動物看護師の友人から、
「ワクチンしてなくて、犬を亡くした飼い主さんご、
新たに子犬を迎えて、もう同じ過ちをするまい、と
ワクチンうちにきたんだけど、その子犬が
ワクチンの副作用で死んじゃって、
飼い主さん茫然としちゃってね。
ワクチンしないのも怖いけど、
ワクチンも怖いから、悩ましいよね」と
いう話を聞いたことを思い出しました。

ワクチンの副作用で死亡まで至るのは、
何万分の一の確率ですけれども、
怖いことは怖いですよね…
posted by RIEN at 11:01| 東京 ☔| Comment(0) | 病気・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

ワクチンについて

この数日パルボウィルス関連の記事をたくさん書いているので、
RIENねこオーナーさん方も「うちのねこは大丈夫か!?」と
心配されているかもしれません。

毎年ワクチンを接種している猫は感染しても発症しないはずです。
1頭でも複数でも変わりません。
オーナーさんが、RIENに遊びに来たり、他の猫カフェに行ったりしても大丈夫です。
(他の猫カフェに行ったら、その日はRIENに来ないでくださいね〜〜。
できれば、どこそこの猫カフェにいつ行きました、と申告していただけると助かります)
猫同伴でRIENに遊びに来ても大丈夫です。

8月、ジャスミンちゃん、らおんくん、ルシアちゃんをお預かりする予定ですが、
1年以内にワクチンを接種しているご連絡をいただいているので、まず問題ないでしょう。
(ジャスミンちゃん、ルシアちゃんはかかりつけ病院もうちと一緒です)
雪桜くんは、お盆休みの間にワクチン予定だそうなので、
再度合宿することになっても大丈夫でしょう。

ただ、「ワクチンを毎年接種すべきか」という問題について、
今までは、「1歳で接種したら、その後は3年に1度でいいですよ」と申し上げてきました。
アメリカで、ワクチンの効果が7年持続するという論文が出て以来、
アメリカでは、3年に1度の接種が主流になっていると聞いたからです。
特に、高齢猫でワクチン後に熱が出たり元気・食欲がなくなったりするという場合、
「お外に出ない子なら、10歳超えたらワクチンいらないんじゃない?
でも、健康診断は毎年受けてね」とお答えしてきました。

今でも、この考え方でいいだろうと思いますが、
高齢の猫がおうちにいる方は、当分、猫カフェにはいかないほうが無難です。
(RIENも含めて)
山梨の猫カフェでパルボが発生して臨時休業をしていますし、
問題のチェーン店が今後どうなるかもわかりませんし、
どこにウィルスが転がっているかわからない感じです……。

そして、頭をよぎったのはプリンスくん。
2014年にワクチンの副作用で生死の境をさまよって以来、
ワクチンを接種していないと思います。
翌年は、抗体価の検査をしたうえで、ワクチンをやめ、
RIENに猫連れで遊びにくることもなくなりました。
(うちも等々力から桜新町に引っ越して、ご近所じゃなくなってしまいましたし)
おそらく、それ以降、乙姫ちゃん・プリンスくん・エディくんの
ワクチンを接種していないのではないかと思います。
(怖くてワクチンうてませんよね〜)

このような場合は、オーナーさんがRIENに遊びに来てくださった時、
お帰りの際に、全身AP水で消毒していただいて、
おうちについたら猫を触る前に着替える、ということで
万一、RIENにウィルスが入ってしまった場合でも、
おうちのねこたちに移すことを防げるのではないかと思います。

玄関にAP水のスプレーを置いておくようにしましたので、
おうちの猫さんが心配な方は、RIENから帰る際に
全身にスプレーしてくださいね。

今日、動物病院で、パルボ事件のことを話し、
うちの子たちどうしましょう、ということもご相談してきました。
休診日だったので、3年目の若い先生に対応していただいたのですが、
彼が入ってから、パルボウィルスの猫がきたことは一度もないそうです。
(その前も、あまりなさそうですが)

ワクチン接種したおとな猫ばかりの猫カフェでパルボが蔓延することはまずないだろうけれど、
そういった猫もパルボのキャリアになっている可能性がないとはいえず、
そういった猫から、数か月後に、お客様を通じてウィルスが運び込まれる可能性も
ないとはいえない、ということは、私の認識で間違いなさそうです。
うちは子猫がいるので、念の入れすぎということもないみたいです。

なので、猫カフェのはしごを禁止するのは合理的なことだし、
もし、「はしごしてません」という嘘が心配なら、
手だけじゃなくて、猫が触る可能性のある、足もと〜ひざなども
消毒してもらうと確実ではなかろうか、とのことでした。
一見さんお断りにしてるなら、そこまでしなくてもいいでしょう、とのこと。

ワクチンの頻度については、まず、何頭か抗体価の検査をしてみて、
そこそこ抗体があるなら、3年に1度でいいんじゃないか、とのことでした。

パルボウィルスは、細胞分裂が著しい場所で増加するんだそうで、
子猫の場合は成長期だから、内臓(特に腸)や脳も細胞分裂・成長が著しく、
消化器症状が激しく出たり、神経症状が出たりして、短期間で死に至るそうですが、
成猫の場合は、成長がとまっている分、そこまで激しく症状が出ることはないらしいです。
(先生も、パルボの診察・治療経験がないので教科書的なお話し)

今日は、カフェ最高齢のレオと乳腺腫瘍で闘病中のアリスを連れて行って、
(できればワクチンをうちたくない)
パルボ、ヘルペス、カリシのワクチンの抗体がどれくらい残っているかの検査をしてもらいました。
(ついでに、少し前倒しの定期健診も)
外注検査なので結果が出るのは数日後ですが、その結果で、ワクチンを検討します。
どちらもゼロに近い数値だったら、高齢猫たちも全員毎年接種、かなあ?
微妙な数値だったらどうしましょう?
(ただ、高齢猫は重症化しにくい、という点からは、微妙な数値でもゼロでなければ
3年に1回でいいのでは、ということになるかもしれません。
結果によっては、先生方がまた検査会社に質問したり、
その他の方法でも調べて答えを出してくれることでしょう)

ワクチンは4000円、抗体価検査は8000円なので、
ワクチンうっちゃったほうが安いのですが……。

プリンスくんのワクチン副作用事件の数週間〜数か月後に、
富姫の子猫のエリザベスちゃんという子が、ワクチン接種1週間後に
具合が悪くなって入院し、数日で亡くなってしまったことがあります。
ワクチンの副作用かどうかはわかりませんが、
プリンスくん事件のすぐあとだっただけに、
ワクチンの副作用かも、と怖くなった記憶があります。
子猫のワクチンは、見送るという選択肢がないので、
副作用だったとしても、それは仕方ないのですが、
老猫のワクチンは、ワクチンの副作用とワクチンを打たないことの危険を
天秤にかけて、どちらが怖いかで悩む余地があるので……。

ワクチンについて、悩んでいる方がいらしたら、
メールをくださいね。
posted by RIEN at 22:02| 東京 ☔| Comment(0) | 病気・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

咳と逆くしゃみ

先日、karinonさんちの奏風ちゃんが咳をするので
病院でレントゲンを撮ったけれど異常なしで、
その後、動画撮影に成功して獣医さんに見てもらったら
「典型的な『逆くしゃみ』なので心配ない」と言われた、と
ご報告がありました。

逆くしゃみ? 聞いたことがない言葉だったので
調べてみたところ、我が家の年寄りにゃんずの咳は
もれなく、逆くしゃみのようでした。
先月、ミルキーが頻繁に咳をするのでレントゲンを撮ったところ異常なし、
その翌日からチェルシーも咳をするようになって、しばらく様子を見ていたのですが、
10月に入ったら、2にゃんとも咳をしなくなりました。
こちらも、逆くしゃみだった可能性が高いです。

逆くしゃみというのは、息を鼻から吸い込む動作で、
息を吸いこむときに咳のような音が出るようです。
咳の時は口をあいていて、逆くしゃみの時は口を閉じている、
という見分け方をあげているサイトがあって、なるほど、うちの子たちは
みんな口を閉じてた! と思いました。

くしゃみは異物を外に出そうとするけれど、
逆くしゃみはのどの中に落とし込んで飲み込む動作のようで、
逆くしゃみの後に、ごっくんと飲み込むことも多いようです。

「咳をする」というご相談、けっこう多いです。
みなさん、レントゲンを撮っても異常なしなので、なんだろう?と
思われていたと思いますが、逆くしゃみだった可能性が高いですね。

咳?と思った場合、続くようならば、
一度レントゲンを撮るのが安心だと思います。
肺炎、気管支炎、肺水腫、胸水、気管虚脱など、
病的なものではない、ということがわかれば、
おそらく、逆くしゃみの可能性が高いだろうと思います。
動画を撮って先生に見ていただくと、もっと安心です。
(私、スマホをあまり持ち歩かないので、撮れないのです……)

参考サイト
http://www.konekono-heya.com/karada/seki.html

http://catfoodies.com/gyakukusyami-tomeru

※You Tubeで「猫 逆くしゃみ」で検索すると、
さまざまなパターンの逆くしゃみが見られると思います。
posted by RIEN at 19:31| 東京 ☔| Comment(0) | 病気・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする