2021年07月02日

那須の庭・屋根外壁塗装

4-7月は、外構を中心に工事をしてきました。
4月:白樺植栽・芝はり
5月:屋根外壁塗装、トイレ便器交換、インターフォン設置等
6月:トイレの水栓設置、花壇等ブロックつみ、庭の水栓設置等

この期間に、大雨で道路〜駐車場が水没するという事件がありました。

IMG_6352.JPG

ここを車で走るのは怖い感じです……。

その後、庭にいきなり水が湧き、その後駐車場の水が引きました。
ちょうどロイドさんが工事にきてくださっていたときで、
湧き水のところを掘ると、破損した塩ビ管がありました。

IMG_6301.JPG

道路や駐車場にたまった水が、
塩ビ管を通って、庭にわいてきた感じです。

IMG_6303.JPG

この写真の左のほう、掘り返してあるところが湧き水の場所です。
右側が道路で、U字溝があり、左側が杉林です。

杉林側には謎の塩ビ管が出ていて、
「これは暗渠か?」と推測していたこともあるのですが、
ロイドさんと推測したのは、
「道路から杉林側に排水用の塩ビ管があったが、
年末の庭天地返しの際に重機で塩ビ管を破損し、
塩ビ管が埋まってしまったため、道路と駐車場が水没したのでは?」ということでした。

しかし、ご近所の方の話によると、
以前から、大雨のたびに、そのあたりの道路は水没していたそうです。
とすると、年末の天地返しの影響ではなさそうだし、
天地返ししてくださった業者さんは、もし、塩ビ管の破損したら
気付きそうだし、気付いたら教えてくれるだろうから、
もっと以前から、この塩ビ管は破損して埋没していたのだろう、と
いうことになりました。

水道やさんが、破損個所の反対側をかなり掘ってくださって、
杉林側へ続く塩ビ管を見つけてくださいました。
その部分だけ修理すればOKだろうとのことで一安心。
(もし、塩ビ管を新設することになると多額の費用がかかるし、
開発した会社が設置したけど倒産して放り出してしまったものなので、
自治会で管理しているものではない、とのことで、
私費で修理するしかなく……。
開発・分譲した会社が倒産して、その後の管理がおおモメしている
別荘地、すごく多いようです。
別荘地への移住をご検討中の方、管理体制は要チェックです。
公営の上下水道がないところが多いので、特に水道が重要です!!)

IMG_6306.JPG

無事に修理完了!
駐車場が水没する頻度は下がりましたが、
大雨が続くと、排水がおいつかず、
以前ほどではなくても水没することがあるので、
杉林側に水路を掘るとか考えないと……。
(排水溝などはないので、自力で土を掘っていくしか……)

CIMG0061 (2).JPG

コピスガーデンさんに、白樺12本、姫コブシ3本、枝垂れ桜、紅ハナミズキ、
御衣黄桜を植栽していただき、約40平米野芝をはっていただきました。
(その後白樺のポット苗30本自力で植えました)

CIMG0058 (2).JPG

桜新町から持ってきたアーチ、花壇の周りの木のブロック等を
ロイドさんに設置していただきました。

CIMG0059 (2).JPG

等々力→桜新町と移動したオベリスクもロイドさんに設置していただきました。

IMG_6325.JPG

IMG_6356.JPG

屋根・外壁塗装中の足場。

IMG_6545.JPG

塗装終わり、芝も青々としてきました♪

IMG_6554.JPG

さて、ここからブロック工事。

IMG_6562.JPG

IMG_6563.JPG

IMG_6561.JPG

こんな感じでブロックを積み上げ、
左官してしあげます(桜新町の塀と同じ雰囲気になる予定)。

IMG_6564.JPG

トイレの水栓、洗面ボウル。
昔々、伊万里に旅行したときに
伊万里焼の洗面ボウルがとても素敵で、
「家を持つことがあったら伊万里焼の洗面ボウルほしい」と
思っていたのです。
今回設置したのは有田焼ですが、伊万里と有田は隣同士だそうで、
ほぼ同じものということで。

IMG_6664.JPG

こちらは庭の立水栓。
小鳥さんは、凍結防止のための水抜き栓です。
ロイドさんが探してくださいました。

今年は、続々と子猫が決まってくれたおかげで、
ここまで工事ができました。本当に助かりました。

アテにしていた栃木の補助金が不採択だったので、
今後、リフォームが中断してしまうかもです。

8月にウッドデッキの工事をすることはもう決まっているのと、
外壁塗装もしくはウッドデッキで、那須町の補助金が下りることは
決定しているので、ウッドデッキまではなんとか資金工面したいと思いますが、
それ以降の内装は、お金がたまってからになってしまうかもです。

ウッドデッキできると、猫たちを外で遊ばせてあげられるので、
そこまでは、カードローンを使ってもなんとか作ります。
また、ご紹介させていただきますので、どうぞお楽しみに♪
posted by RIEN at 17:37| 東京 ☔| Comment(0) | 那須移転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月14日

キッチン収納・机&ゾロくんちのトイレつきキャットタワー

LOYDさんの家具を紹介する前に……

IMG_4782.JPG

IMG_4802.JPG

年末に、aiさんがうちの隣地の笹を刈ってくださいました。
(しかも、私たちがサファリパークで遊んでる間に……)

なんてスッキリしたのでしょう!
今年は、この空き地で転んで
うっかりコスモスの種でもぶちまけようかと……。

aiさん、本当に有難うございました!
春になったら、耕運機よろしくです……。
白樺林に囲まれた芝生広場を作るのだ〜〜。

笹を刈る前の様子はこちらの記事をどうぞ。
http://rien.seesaa.net/article/478977320.html

さて、続いてはキッチンの収納&デスクです。
もともと、広いLDKだったのを、
壁をたてていただいて独立キッチンにしました。
キッチン、私のデスクワークスペース、猫トイレボックスのある、
バックヤードということになります。
このバックヤードから、カフェ(リビング)にも
玄関にも行かれるようにしてもらったのでとても便利です。
キッチンのエアコンをつければ、玄関のほうまで冷暖房できます。

IMG_4787.JPG

IMG_4788.JPG

IMG_4800.JPG

左側4枚は観音開き、左側4枚は折れ戸の扉で、食器棚です。
その横にもオープンの棚があります。
格子戸はカフェ(リビング)への扉です。

以前のLDKの様子はこちらの記事をどうぞ。
http://rien.seesaa.net/article/478991135.html

電子レンジ等の家電置き場と、
私のパソコンデスクが1枚の天板になってます。

私のパソコンデスク部分の上には、ハサミやホチキスなど
文房具を置いて置ける小さい棚と
書類棚スペースを作っていただきました。とても便利です♪
壁は石膏ボードのままですが、将来は珪藻土を塗る予定です。

IMG_4789.JPG

デスク部分の下部には、コード類を収納するスペースがあります。
外付けHDD,携帯バッテリー、デジカメの電池等もここに置けて便利!
デスク天板には、穴をあけていただいて
コード類を、収納スペースに落とし込めるようになってます。

桜新町でも、私の作業スペースはキッチンの片隅で、
もともとあったカウンターテーブルを使っていましたが
各段に便利になりました!!

IMG_4792.JPG

更に、上部にも書類棚をつけていただきました。
ここは、頻繁に使うことはないけれど、
押し入れにしまいこむわけにいかない書類を収納。
カフェから見える場所なので扉もつけていただく予定です。

IMG_4793.JPG

IMG_4794.JPG

書類棚の奥に、さらに収納スペースを作っていただきました。
トイレットペーパー、ペットシーツ、ティッシュペーパーなど
かさばる紙類を収納しています。

この棚の下部分にトイレボックスができる予定です。
トイレ6個程度おさまるようにして、
リビングとトイレボックスの間の壁に
穴あけて猫ドアつけて出入りできるようにします。
トイレの掃除は、バックヤード側からできるようにします。
そして、換気扇もつけていただく予定です。
(人間のトイレの上にダクトを通します)

トイレボックスの横にレジ台を作っていただく予定です。
動線もバッチリ!

さて、年末にお引っ越ししたゾロくんのおうちの
トイレボックスつきキャットタワーが素晴らしいので
ご紹介させていただきます(写真はLOYDさん撮影)。

CIMG0010.JPG

CIMG0013.JPG

トイレボックスとタワーの組み合わせは、オーナーさん発案です。
トイレボックス内には、キッチンパネルを貼って、
汚れても掃除しやすくしてあります。
外側はウォルナットの突板を貼った高級家具仕様。

ウォルナットの突板は木目が美しいですよね。
うちのタワー、カフェのドリンク用食器棚にも
使っていただいています。

スカイウォーク、階段棚などと組み合わせていただいたので、
猫的には絶対に楽しいと思います。

CIMG0018.JPG

CIMG0016.JPG

こちらは猫目線の写真ですが、楽しそうですよね!
インスタグラムで、ドヤ顔のゾロくんを拝見しております。

那須の店にもスカイウォークやキャットウォークつけていただく予定ですが、
どんなデザインになるのか楽しみです。
ウッドデッキにも、外構材でキャットタワーお願いしていますので、
それもとっても楽しみです!
ウッドデッキに大きなパーゴラ作って、それごとネットで覆うそうですが
どんな風になるんでしょうね?

等々力や桜新町の移転の時は、契約〜引越しの期間
ダブルで家賃が発生するので、とにかく急いでリフォームしていただき、
私も、手続きや旧店舗の運営で忙しく、すべてお任せな感じでした。

今回、補助金申請〜交付決定日まではその見積もりに載せる分の工事ができないため、
本格的リフォーム開始まで半年以上の時間があります。
(審査落ちるかもですが、コロナの状況見ると急いで工事するより
通る可能性に賭けて、補助金申請したほうがいいかな、と)
家賃負担がない!!からこそ、補助金申請まで待つ余裕があるわけで、
本当に有難いことだと思っています。

生活してみてはじめて気づくことや、
のんびり考えた中で出てくるアイデアを
これからの工事に生かしていただけるのは嬉しいです。
まだまだあばらやですが、どんなお店になるのか
私もとっても楽しみです♪

私は山奥にこもって、週1回くらい買い物に行く以外は
誰にも会わない生活を送っているので、
コロナ感染の可能性が極端に低いと思っているのですが、
(もちろんマスク、手洗い、うがいはちゃんとしてます)
首都圏は、大変なことになっていますね。
他人事のようになってしまって申し訳ないのですが、
皆様、どうぞお身体大切に、ご無事でコロナ禍を乗り切ってくださいね。
早く、ワクチンが普及して、マスクなしで
気軽にみんなでワイワイできるような日が戻りますように。
posted by RIEN at 16:33| 東京 ☀| Comment(0) | 那須移転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月23日

いちご狩り♪

栃木と言ったらイチゴ!
バイト検索するとイチゴ摘みや牛の世話が多いのです。
まずは、ねこじゃらし内職して、足りなければ
イチゴ摘みか牛の世話のバイトします…
できればゴルフのキャディがいいのですが、
近眼が進んだので、ボール見えなさそう…

今日は、うちから車で5分、
徒歩20分くらいのところで
イチゴ狩りしてきました。
(歩くことがメイン目的)


ここは食べ放題ではなく、摘んだ分だけ
100g500円で購入します。
私はお店の方に、美味しそうなところを
摘んでいただいて持ち帰ってきました。

C9B1316D-0AC8-4328-B9B4-ADD2DFE4425B.jpeg


6個で200gで1000円。
1パック4〜500円で買えることを思うと高い。

08593E3B-5948-4E97-8710-B81EE80CDB13.jpeg

左、ヘタが大きいほうがとちおとめ
右、ヘタが小さいほうが紅ほっぺ。

とちおとめのほうが甘いというか味が濃いというか。
紅ほっぺは、少し酸味があってあっさりしてるかなあ。

この2種は、ゴールデンウィークまであるかどうか、
というところだそうです。

その後、7月半ばから10月頃までは、
「夏イチゴ」が摘めるそうです。
これは市場に出回らないけど美味しいんだそうてす。

夏は、ブルーベリーと夏イチゴ、両方摘めるんですね♪
でも、夏ならハウスでイチゴ積むより、
那須岳見ながら屋外でブルーベリー摘むほうが
楽しそうですけどね。

18456411-1ED3-4317-BE58-A0CCA0CD4041.jpeg

那須のお山。
どれが茶臼岳、朝日岳なのか
まだよくわかってません。

那須で不思議なこと。
何故、釣り堀が多い?
車で10分の範囲に4箇所もある。
フィンランドの森にまである。
サンタクロースのオフィスとか
妖精カフェとかの横に釣り堀、というのが
とても不思議なのですが、実は人気なのかしら?
posted by RIEN at 13:53| 東京 ☀| Comment(0) | 那須移転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月14日

那須移転覚書・2階猫部屋編

前回に引き続き、移転覚書です。
今日は、2階の男の子(父猫)部屋、不調部屋、
女の子(母猫)&子猫部屋をご紹介します。

CIMG0020.JPG

2020年夏(内覧時か契約時)、階段を上がったところ。
右側の窓から1階吹き抜けを見下ろせます。
正面と左側に6畳ほどの部屋があります。
正面が男の子部屋、左側が女の子部屋になります。

CIMG0027.JPG

男の子部屋側から階段方面を見たところ。
この階段踊り場は、2畳ほどあるでしょうか。

CIMG0022.JPG

窓から1階を見下ろしたところ。
この照明はブラケットライト等に変える予定です。
(この高さだと、私が持ってる脚立では電球かえられませんし)

IMG_4371.jpg

2020年秋。
階段あがったところに、桜新町から持ってきた
水色の扉をつけていただきました。
窓際に桜新町から持ってきたキャットタワーと
ハンモックスタンドを置きました。

IMG_3849.JPG

1階を見下ろしたところ。
1階の子たちも2階の子たちも、それぞれが気になるみたいです。

CIMG0024.JPG

2020年夏の男の子部屋。
ふつーの部屋ですね。

ここをラティス、壁で3つに区切りました。
1つは押し入れ、本棚等収納
1つは男の子(父猫)
1つは不調の子たち。

等々力の頃、男の子部屋のクローゼットをそのまま使っていたら
扉もレールもマーキングで汚れとニオイがすごかったので、
桜新町では、クローゼットに猫が近づけないよう、
ラティスと壁で区切っていただきました。
それを那須でも踏襲しています。

不調の子たち、というのは、
検便、エコー、血液検査で特に異常がなく、
処方食、下痢止め、抗生剤、ステロイドでは治らない
下痢がおさまらず、トイレが間に合わなくて垂れ流しに
なってしまった子たちの部屋です。
今年に入ってから、そういう子が3にゃんほど出て、
ケージに閉じ込めるのもかわいそうでカフェにそのままにしたら
汚れやニオイがひどくなってしまって、
どうしてよいかわからなかったのです。
昨年末から多忙すぎて、丁寧な掃除もできず……。
(営業時間中はケージ、としていた時期もありますが、
それはそれで猫が汚物まみれになってしまう……)

父猫たちもマーキングで汚しますし、
この2部屋は汚れること前提に作りました。

12805372465513.jpg

リフォーム中。
男の子部屋へ、不調部屋へ、それぞれ扉があります。
ポリカーボネイトの窓をつけていただいたので、
2階に行くたびに、様子を見ています。

壁、扉などはペンキを塗りました。
えつさん&aiさんがお手伝いくださっています。
えつさんは、自腹で交通費&宿泊費払って
リフォームのお手伝いしてくださって
申訳ないやら、有難いやら……。

えつさんは、中野、等々力のリフォームも
ずいぶん協力してくださいました。
(桜新町の時は、LOYDさんにアシスタントさんがいたこともあり、
誰にもお手伝いを頼まなかったのですよね)
那須の本格リフォームの時も珪藻土塗ってくださるのでは……。
(私はへたくそですがえつさんはお上手なのです)

IMG_4050.JPG

IMG_3827.JPG

男の子たち。
勘三郎とドイツからきた新入りくんがこの部屋にいます。
(海老蔵はマーキングしなくなったので1階へ移動)

IMG_4049.JPG

こちら側には、オグリ、富姫、蛍火がいます。
元気も食欲もありますが、垂れ流し状態で……。
あとできることとしては内視鏡ですが、
それで何かわかるだろうか?というところです。
リンパ腫なら、とっくに亡くなってそうだし、
リンパ腫、IBDならステロイドに反応しただろうし……。

狭いですが、窓から木々、鳥などが見えて
楽しそうに見えるので、狭さは我慢してもらうしか……。

CIMG0029.JPG

2020年夏の女の子部屋。
こちらもふつーの部屋ですね。
ラティスと壁で2つに区切り、
桜新町から持ってきた折れ戸をつけました。

階段踊り場も開放すると8畳ほどになりますし、
踊り場の扉を閉め、折れ戸を閉めると3部屋に分割できます。
(夜はその一区画に、私が寝かせていただいています)

押し入れの引き戸を、折れ戸に交換していただきました。
引き戸だと、マーキングされたとき、
レール部分や戸におしっこがしみこんでしまうからです。
(女の子も発情期にマーキングします)

IMG_4376.JPG

IMG_4377.JPG

IMG_3892.JPG

IMG_4375.JPG

2020年秋。
床も壁も白にしたので、だいぶ明るい雰囲気になりました。

新しく作ったところはペンキを塗っていますが、
壁紙はそのままです。
猫たちがはがし始めたのでボロボロさに磨きがかかりました。

いずれ、ベニヤを貼ってペンキを塗るか、
LOYDさんに余力があれば、腰壁作っていただいて
上部は珪藻土左官をするか。
腰壁&珪藻土のほうが映えるので、
子猫の写真撮影をすることを考えると、
できれば、腰壁&珪藻土にしたいところです。
珪藻土はえつさん等に塗っていただくということで……。
(腰壁のペンキは自分で塗ります)

男の子部屋、不調部屋、女の子部屋、
キャットウォークも作っていただきたいです。
桜新町より狭くなった分、上下運動はさせてあげたいですよね。

ということで、2020年秋の中間報告は以上です。
庭も内装も、未完成ですし、いつになったら完成するのかわかりませんが、
那須のサグラダファミリアということで、少しずつ完成に向かえればいいな、と。
永遠の未完成、これ完成なり、って誰の言葉だったっけ?
posted by RIEN at 18:42| 東京 ☁| Comment(0) | 那須移転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月13日

那須移転覚書・2020年1階リビング編(将来のカフェスペース)

前回に引き続き、那須移転覚書です。
今回は、1階リビング(将来のカフェスペース)の
2020年夏(内覧〜契約時)と秋(引っ越し後)の様子をご紹介します。

006.JPG

玄関入ったところ。
写ってる足は不動産屋さんですね(笑)。
不動産屋さんにはかなりお世話になりました。

突き当りの扉はトイレです。
トイレの中は湿気で壁紙はがれてボロボロです。
玄関〜トイレは、今回何もしていないので、
夏以降カフェオープンまでにキレイにしたいと思います。

玄関右に入るとリビング&ダイニングルームです。

CIMG0011.JPG

2020年夏(引き渡し前)のリビングルーム向かって右側。
巨大なカラオケセットが置いてありました。

2020年9月24日〜10月12日まで
LOYDさんが泊まり込みで、リフォームをしてくださいました。
(私と猫たちが最低限生活できるように、というリフォームなので、
仕上げは全然終わっていません)

内覧時・契約時は巨大なカラオケセットがあり、
引き渡しまでに撤去していただいたのですが、
そこに、雨漏りらしき後があり、床と壁がグラグラになっていました。

契約書を確認したところ、
物件状況確認書では雨漏りナシになっていて、
契約不適合責任の通知期間は3か月となっていました。

不動産屋さんにメールすると、
返事をいただくより先に、現地に行ってくださいました。
(その前日、テレビが写らないというメールをしたときも
返事をいただくより先に、現地に行ってLOYDさんに会ってくださっています)

IMG_3779.JPG

IMG_3803.JPG

不動産屋さん立ち合いのもと、LOYDさんが壁をあけてみると、
中のすじかいが蟻に食われてボロボロになっていました。
不動産屋さんが売主さんに連絡をとってくださいましたが、
最初は、「シロアリじゃなくてクロアリだから責任はない」というようなことを
おっしゃっていたようですが、裁判の可能性なども含め、
不動産屋さんが強く交渉してくださった結果、
修繕費用を出していただけることになりました。
(私も少額請求訴訟の方法など調べてはいたのですが、
売主さんが修繕費用を出してくださって助かりました。
LOYDさんの出した見積もりも、一般的な金額の7割程度でしたけれど)

LOYDさんもすじかいの交換はしたことがなかったそうですが、
大工さんが忙しくて那須にまで来られないということで、
大工さんに方法を聞いて、LOYDさんひとりですじかい交換してくださいました。

IMG_4393.JPG

無事にすじかい交換でき、ボードが貼られました。
交換も費用も一件落着しましたが、予想外の工事のおかげで
予定が大幅に遅れてしまったそうです。
(その後、雨が続いた時に、業者さんたちの車が3台
ぬかるみにタイヤがとられてスタックするという事件もあり、
それでも予定が大幅に遅れてしまったのですが)

思い返すと、本当にトラブルの連続だった……。
(ドイツの猫のトラブルもまだひきずっていたし……)

IMG_4053.JPG

IMG_4070.JPG

IMG_4383.JPG

IMG_3818.JPG

リビング右側部分の現在は、こんな感じ。
窓を二重サッシにして、床を塩ビに張り替えたくらいでしょうか。

床、LOYDさんは無垢フローリングにしたかったようですが、
それだと、猫の爪で傷がつくので、1〜2年に1回
サンダーで磨いてオイルを塗りなおさなくてはなりません。
加齢により、私もしんどいです。

粗相が続くとニオイもしみこみやすくなります。
屋外に広いウッドデッキを作る予定なんだし、
室内はローメンテナンスで済む塩ビにしたいと、
私のほうが強く希望しました。

来年、腰壁を貼ってペンキを塗り、
腰壁上部は珪藻土左官すると思います。
予算足りなければ、ベニヤ貼ってペンキで終わらせるかも。

玄関からの入り口の引き戸は、桜新町から持ってきた
ガラス扉と格子を組み合わせて作りなおします。
桜新町の建具や照明など、持ってこられるものは
全部、那須で活用したいと思っています。
ガラス扉は、等々力では入り口に使っていて
桜新町のバックヤードの入り口に使っていましたが
那須では入り口に使います。
もともと、中野の入り口に使っていた引き戸と
同じデザイン・色の扉を等々力の入り口に作ったものなので、
中野RIENをご存じの方は思い出していただけると嬉しいです。

白い照明(外灯を室内で使用)ひとつ、
中野→等々力→桜新町で使ったものを那須に持ってきています。
この照明も、こんなに転々とするとは思わなかったことでしょう。

那須の照明も、私好みのものに変えたいし、
キャットウォーク、スカイウォーク、天井ハンモックなども設置したいです。

CIMG0012.JPG

リビング左側。
左奥はキッチンです。

キッチンに猫が入らないように囲い、
猫トイレボックスを作って、リビングから猫が出入りし
キッチン側から掃除をすることができるようにします。

そして、玄関から直接キッチンにもいかれるように
出入り口も作りました。
左側、私が立っている後ろあたりの壁を抜いてもらいました。

12751426299856.jpg

人間用トイレの横を通って玄関に行かれます。

12805359860569.jpg

柱が立ちました。
このあとボードが貼られます。

CIMG0013.JPG

キッチンはこんな感じで、ここは特にリフォームしません。
お客様がご覧になるところでもないし、
猫が入るところでもないので。
キッチン左奥は、浴室&洗面所です。
洗面所にシャワー水栓がついていますが、
洗面ボウルの底が丸くて猫もバケツも不安定なこと
排水溝が小さくて毛とりネットかぶせると水が流れにくいこと
シャワーの長さも固定する位置も使いにくいことから、
いずれ、小さい業務用キッチンシンクと使いやすいシャワー水栓で
猫洗い場を作っていただく予定です。
浴室だとやはり洗いにくい……。

12805361169855.jpg

柱をたてて、

IMG_4380.JPG

ボードを貼るとこんな感じ。
キッチンに行く格子戸は桜新町から持ってきました。
このテーブル&椅子は、那須での工事中、
LOYDさんがテレビ台兼パソコンデスク兼食卓に使っていたもの(上から4枚目の写真参照)。
引っ越し後しばらく、私の物置になっていましたが、
片づけたら、作業机としても食卓としても便利なのでそのまま使ってます。
ちゃんと塗装したら、カフェでもそのまま使えるかと。
(何色にするかわからないので、とりあえず白木のまま布かけて使ってます)

今まで、こんな広い作業スペースや食卓もなかったし、
こんな広い猫のいないスペースもなかったので、
なんだかとっても快適です。

IMG_4392.JPG

この奥に、石油FFヒーターを設置し、その横を収納、
上部に子猫見学スペースを作っていただきました。
格子戸は桜新町から持ってきたものです。

桜新町の広い出窓を格子戸で覆ったスペース、
当初は子猫見学が目的ではなかったのですが、
子猫の見学にとても便利だったので、
同じように作っていただきました。
(床に子猫がいるとお顔見にくいし散らばってしまいがちですが、
高いところに集合してもらうと、見やすいな、と)

IMG_4331.JPG

子猫見学スペースの奥に出窓があり、
そこはメモリアルスペースになっています。

IMG_4435.JPG

リビング左側から右側を見るとこんな感じ。
ドリンクスペースにしていた食器棚は桜新町から持ってきました。
上からオシッコされていて、側面と下部の板にしみこんでしまっていたので、
那須に来てから板を交換していただきました。
(そんなことできるんだ〜、とビックリ。大変そうでした)

IMG_4396.JPG

リビング右側から左側を見るとこんな感じ。
アイアン調折れ戸も桜新町から持ってきました。

リビング左側には、まだ私の書類がたくさんあるので、
キッチン内に書類置き場を作っていただいて
書類をそちらに移動したら、
この折れ戸を開けて、リビング左側も猫に開放する予定です。
猫がいない広いスペースは、あと半年くらいの命でしょうか……。

これだけたくさんの猫と生活していると、
猫のいないスペースは、本当に貴重なのですよ……。

1階は、まだまだ「Before」の状態ですが、
来年の秋には、きっと素敵なカフェになっているはず……。
内装も楽しみですが、何より「猫と遊べる広いウッドデッキ」が楽しみです。
早く、お外で安全に猫たちを遊ばせてあげたいです!
その向こうに、白樺林があって、薔薇がたくさん咲いたらどんなに素敵でしょう……。

とりあえず、一生懸命妄想を膨らませます!
思いついてから移転まではいつも通りバタバタでしたが、
半年以上住んでから本格的リフォーム、というのは初めてです。
ゆっくり考える時間をいただけたと思って、
リフォームまでの妄想期間を楽しみたいと思います。
posted by RIEN at 16:50| 東京 ☀| Comment(0) | 那須移転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

那須移転覚書・2020年外観編

前回に続き、那須移転覚書です。
今回は、外観編を。

002.JPG

これは2020年夏の写真です(LOYDさん提供)。
7月29日の内覧時かな?

家の右側に苔むしたブロックがあるの、わかりますか?
これは、この家の土地の境界です。
この家の土地は40坪、と別荘にしては狭いのです。

003.JPG

白い車が止まっているのは、隣地になります。
この家と建物だけだと、玄関前に車1台とめるのがやっとです。

この家は、当初の内覧予定にはありませんでした。
ネットで見て気になる物件をいくつか見せていただきましたが、
その時、私はブリーダーと猫カフェをしたい、ということを
不動産屋さんに言っていませんでした。

蓼科の別荘地は営業禁止だったので、
那須の別荘地もおそらくそうであろう、
それなら、不動産屋さんにも言わずにこっそり営業したほうがよいのでは?と
思っていたからです。

しかし、ネットで見て気になっていた物件をいくつか見せていただいて、
管理のしっかりした別荘地は、管理室や巡回があったり
隣の家との距離が近すぎたりで、営業が難しいかも?と思ったところ、
LOYDさんが、「この人、那須でブリーダーと猫カフェやりたいんですよ」と
不動産屋に言いました。

もちろん、LOYDさんとは事前に不動産屋さんに内緒にしようと
打ち合わせしていました。
一瞬「え?」と思いましたが、次の瞬間には、
「LOYDさん、この不動産屋さんを信頼してるんだな」とわかりました。
そして、さらに次の瞬間、不動産屋さんが言いました。
「それなら、お勧めできる物件が1個あります」

いったん、不動産屋さんの事務所に戻り、
そのお勧めの物件のチラシを見せてもらいました。
それが、今の私の家です。
チラシを見た瞬間、LOYDさんは「ここでいいよ、ここにしよう」と言いました。

現物見ないで判断できない、と、現地に案内してもらいました。
この物件、ネットでもチェックしましたが、別荘地にしては
土地が狭すぎる割に高いこと、外観の水色があまり好みではなかったことから、
候補から外した物件でした。

しかし、他の物件を見て、手入れをされない別荘というのは
こんなにも傷むものか、と驚いた後でしたので、
内覧してみて、この値段でこの程度なら住める、と思ったことと、
隣地(55坪)に家は建っておらず、持ち主の名札が立っていて、
その隣地(83坪)も売りに出ていたので、
これらを購入することが可能ならば(持ち主の同意と金額含め)、
よい立地ではないか、と思いました。

内覧時も、LOYDさんは「ここでいいいじゃん、ここにしよう」と
おっしゃいましたし、aiさんも賛成してくれました。
ですので、「ここ買いたいです。
隣地もほしいので持ち主探してください」と頼みました。

8月9日に、この家土地契約し、
その帰り道に、隣地55坪のオーナーさんから売却OKと返事もらえた、と
お電話いただいたのでした。

9月24日にこの家と隣地の引き渡しを受け、
その後、その隣地(83坪)も金額交渉していただき、
10月19日に契約しました。

IMG_3922.JPG

これが、今の家と隣地、その隣地です。
実測したら登記より少し広かったそうなので、
トータル約180坪というところでしょうか。
東京で180坪持ってたら、大金持ちですよね〜。

しかし、これだけの土地でも固定資産税ゼロなんです。
(資産価値ないということですね……)
築23年の家に、25000円程度の固定資産税がかかるだけだそうです。

築23年、年に1〜2回使うだけなので、
外壁等も苔と汚れがひどかったです。
それを、えつさんとaiさんが、高圧洗浄機で洗ってくださいました。
(私の引っ越し前に)

今回、LOYDさんも高圧洗浄機を購入してくださいましたが、
aiさんは、高圧洗浄機持参で来てくださいました。
(aiさん、草刈り機とか耕運機とかいろいろお持ちなんですよ。頼もしい)

005.JPG

これは夏の玄関付近。

IMG_4419.JPG

これは現在の玄関付近。

CIMG0017.JPG

これは室内から見た浄化槽等。夏。
(下水道完備していないので、浄化槽があります)

IMG_4390.JPG

これは室内から見た浄化槽等。今。
見違えましたね。
あんなに苔だらけだったのが、打ったばかりのコンクリみたい。

玄関周りも外壁も、すっかりきれいになり、
気持ちよく生活させていただいております。

IMG_4068.JPG

003正面前.JPG

005上から前.JPG

これは、家から庭方向を見たもの。
奥に高い木が何本か生えていて、その間に
びっしりと笹(篠竹)が生えています。
2メートルくらいあるかなあ?

笹が生えているのは、私の土地ではありません。
(私の土地には、木が一本も生えていないのです)
他人の土地の木は切ってはいけませんが、
下草は刈ってOKと、管理をしている自治会長さんに言われました。
防犯的にも景観的にもないほうが望ましいが、
自治会ではそこまでやれない、ということのようです。

私は全然気にならないのですが、
LOYDさんとaiさんは、この他人の土地の笹を刈りたくて仕方ない、と
11月の連休に、刈ってくださいました。
(aiさんは、草刈り機持参。しかもガソリンエンジンの本格的なもの)
私は、おふたりが刈った笹をまとめる係でした……

004正面後.JPG

刈ったあと。
視界がぐっと開けました。
刈ったところ、90坪くらいはあるでしょうか。
将来、商売繁盛したらここも買い足したいところです。
土地が増えたら池掘ってあひるを飼いたいです。
(ローズガーデンの芝生であひるが歩いてたらかわいいじゃない?)

001左前.JPG

家に向かって左側の他人の土地も笹ぼうぼうでした。

002左後.JPG

すっきり♪
時間切れで刈り残してしまいましたが、
春までには刈ると思います(aiさんかLOYDさんが)。

IMG_4202.JPG

以前は、道路から私の家が見えませんでしたが、
今はこんなに開けています。
はじめてくる方に道を説明しやすくなりました。
大通りから1回曲がって、右を見てれば
100メートルくらいでうちが見えるよ、といえばよいので。

aiさんにはすっかりお世話になっていますが、
道具や情報をいろいろお持ちなのと、
現在、一番のご近所さんなので、
これからもおんぶにだっこかと思います。
(以前、西那須のと宇都宮に子猫お譲りしたことありますが、
どちらも現在東京在住なので、aiさんが一番近くのオーナーさんなのです。
近くとはいえ、車で1時間半くらいかかるので申し訳ない気もしますが、
とても頼りにしています)

次回は、内装の途中経過をお知らせします。
posted by RIEN at 14:51| 東京 ☀| Comment(0) | 那須移転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月12日

那須移転覚書

那須に移転して、2か月ほどたちました。
移転までの経緯やリフォームの過程をまとめておきたいと思います。

まずは、移転までの経緯を時系列で。

2020年
1月 叔父と叔母が入院したためカフェ1か月休業
2月 カフェ再開したが、新型コロナウィルスの影響始まる。
3月 新型コロナウィルスの影響大きく、廃業を検討しはじめる。
  (桜新町の賃貸借契約の更新が7月1日で、更新料はとうていはらえない状況)
4月 緊急事態宣言発令(4〜5月休業)
   東京都の休業協力金、政府の持続化補助金・定額給付金など決まり始め、
   廃業の決断は先延ばしに。
   (桜新町の賃貸借契約更新することに)

6月 カフェ再開。お客様来てくださったけれど、昨年度の1/2程度。
7月 東京の感染者増加。今後は協力金等それほどでないだろうこと、
   7月でこれでは秋以降の感染者はもっと増えるだろうことから、
  廃業は時間の問題と自覚しはじめる。

  施設入所することになった叔父のマンション売却を任され、
  その手続き中に「地方の物件を購入して移転する」
  という選択肢が天から降ってきた(7月10日頃)。
  (本当に、突然、「降ってきた」感じ)

  14日蓼科、23日房総、29日那須の物件を合計12か所内覧。
  クラウドファンディングを開始。2日で目標額150万達成。
 (オールオアナッシング方式。ショッピングカート使用)
  最終的に約350万円のご支援をいただく(感謝!)
  最後に見た那須の物件を即決。

8月9日 那須の物件契約
8月19日 桜新町の家をLOYDさん知り合いのフォトスタジオ運営会社が借りてくれること決定。
     (桜新町解約申請)
8月24日 ドイツから新入り男の子来日。
     (少々トラブルあり)

9月15日 はるかが8にゃん出産(1にゃんはすぐ死亡)
     1週間後に乳腺炎発症し、子猫の哺乳開始。
     さらに1週間後くらいに、乳房に大きな穴2か所あいた。
     (それでも、ちゃんと育児してくれました)
     交配時、移転を考えはじめていたものの現実的ではなかった。

9月23日 中古のFIT納車(6年のリース契約)
9月24日 那須の物件引き渡し(残金支払い)・リフォーム開始
10月12日 那須に引っ越し
10月19日 隣地購入の契約

2021年
4月 栃木県と那須町の補助金申請予定
8月 栃木県の補助金審査決定予定
8〜10月 内外装リフォーム(補助金審査おちてもやります)
10〜11月 カフェ再開予定

★車の車庫証明とかLOYDさんのスタジオで動物取扱業登録をするとか
著作権の調停(未解決)とか若くて健康なおとな猫の譲渡先探しとか
移転先の県や町の補助金探しとか
いろんなことを同時並行でやってました。
給付金もいただけるものはいただきましたが、
申請はそれなりに手がかかった気がします。

★補助金は申請し審査決定後でないと、
その事業(カフェのリフォーム)ができないのです。
落ちたら、もっと早くリフォームして
カフェ再開すればよかった、と思いそうですが、
コロナがいつ収束するかわからない今、焦ってリフォームするより
審査に通る可能性があるなら、待ったほうがいいかなあ、と思っています。
(8月頃までアルバイトするかねこじゃらし内職するか……)

箇条書きにするだけでも、なんて濃いぎうぎうな1年だったのだろう、と……。
ヒロミ、権五郎、イネス、レオ、叔母、と見送ったのですが、
悲しいと感じる暇もなかったように思います。
(有難いことです)

3月中旬頃には、6月いっぱいで廃業して(家の更新料払えないので)、
猫たちを可能な限り、新たな飼い主さんに託そうと思っていたので、
(それしかないと思った)
今、猫たちと一緒に那須にいることがとても不思議です。
家も庭も、リフォーム本番はこれからで、
その資金のための融資や補助金審査はこれからですが、
とりあえず、家賃負担から免れることができました。

廃業して実家に帰る、でも私自身はいいのですが、
実家はペット禁止の賃貸なので、高齢・持病もちの猫を何頭も
連れて行くのは難しく、それをどうしようと悩んでいました。
その問題が解決して、高齢の子たちをみんな連れてこられて
本当に安心致しました。

遠方の内覧におつきあいくださり、リフォームしてくださったLOYDさん、
那須内覧、契約の日にアテンドしてくださったaiさん、
リフォームのお手伝いしてくださったえつさん&aiさんには
心から感謝しております。

aiさんのアテンドがなかったら、那須に決めなかったと思います。
那須の不動産屋さんを調べてきてくれたのもaiさんでした。
今回、何人かの不動産屋さんにお世話になりましたが、
那須の不動産屋さんが一番親身に対応してくださったと思います。

蓼科を検討中には、多くの方から反対していただきました。
那須の中腹標高600mちょいでも凍結・積雪あるので、
標高1300mの蓼科は生活できないな、と今思います。
反対してくださった皆さま、有難うございます。

那須でも標高800m前後のところも内覧したのですが、
不動産屋さんからは強く反対されました。
女性ひとりで住むのは無理だ、と。
今は、それも納得です。
そうなると標高1300mのところに住むのはきついですね〜。
(しかも、長野の別荘地は、ほとんどが借地料を払わねばならず、管理費も高く
10年に1度くらい更新があり、しかも、長野の条例で
別荘地での営業を禁止しているので、カフェやブリーダーは
隠れてこっそり、となってしまう)

牛に引かれて善光寺ならぬ
猫に引かれて那須高原、的に
無我夢中でつきすすんできたら、那須にいた感じです。

落ち着いて考えると、蓼科より房総より那須のほうがよいと思いますし、
(住みやすさ、森の猫のイメージ、観光地が多い、東京からのアクセスなど総合的に)
那須の中でも、ここは、そこまで標高が高くなく、
病院、ドラッグストア、コンビニエンスストアが徒歩圏内で、
スーパーやファミレスも車で5分くらいで行かれます。

aiさんによると、「堂々と那須と言えるエリア、
御用邸の下といってよいエリア」だそうですし。
那須は来たことなく、よいイメージも悪いイメージも
な〜んにもありませんでした。だから物件探しも最後でした。
那須塩原市、那須町などの区別も全然ついていない状態で決めてしまったし。
(自分で探した不動産屋で、塩原温泉のほうの物件を見る予定だったのですが、
那須の不動産屋さんから、「そこは冬閉鎖するので定住できない」と言われ、
aiさんからも、塩原温泉と那須は別のエリアと指摘されました)
どうせなら、堂々と那須と言ってよい場所のほうがいいですものね〜。
等々力7丁目で「自由が丘」と名乗るようなのは
あんまり好きじゃないです
(等々力6〜7丁目くらいでも、不動産屋チラシでは「自由が丘」となっていて
自由が丘から徒歩15〜20分とかが強調されていたりします)

12か所一緒に内覧してくれたLOYDさん、
那須のことをよくご存じのaiさんと不動産屋さんが
ここなら定住OKお店OK、ここしかない、というなら、と
直感で決めましたが、ここでよかったと思います。

まあ、中野でお店始めた時も、等々力に移転した時も
桜新町に移転した時も、熟考の後の判断というより
思いつきと直感だけだった気がしますが……。

そして、クラウドファンディングにご協力くださった皆様のご支援がなければ、
移転の決断もできませんでしたし(150万集まらなかったら廃業と決めていた)、
ご支援がなければ、隣地(55坪)やその隣地(83坪)も購入できませんでした。
(お店やるにはこれらの土地を買って駐車場や眺望を確保する必要あり)

皆様、本当に有難うございました、

「(猫の)実家がなくなるのはさびしい」と多くのメッセージをいただき、
本当に、心から嬉しく有難く思っております。
皆様、是非、「那須の実家」に遊びにいらしてくださいね。

これから何回かにわけて、リフォームBefore/afterの中間報告をします。
(まだ完成にはほど遠く、来年秋にカフェ再開する段階でも未完成部分あるはず)

posted by RIEN at 16:10| 東京 ☀| Comment(0) | 那須移転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月21日

無事、那須に引っ越してきました!

ブログでのご報告が遅くなりましたが、
10月12日に猫たちともども那須に引っ越してきました。
猫たちは元気です。
こちらの動物病院も、とてもよい感じです。
不動産屋さんもご近所さんもみなさんよい方ばかりで
気持ちよく過ごせてます。

皆さまのおかげで、廃業せず、那須の地でブリーダーと猫カフェを
続けられそうなこと、本当に有難く、心から感謝しております。

ドイツから来た猫のFIP疑惑も晴れた模様ですので、
隣地&その隣地も購入致しました。
土地はトータル約180坪になります。
休業協力金等と皆様からのご寄付&クラウドファンディングで購入させていただきましたので、
皆様の別荘のつもりでいていただければ嬉しいです。
猫つき別荘ということで……。

土地はとても水はけが悪いので、駐車場を作るにしても、
庭やウッドデッキを作るにしても、土壌改良ようなことが必要です。
カフェになるはずのリビングは、まだ石膏ボードうちっぱなし、
以前の壁紙は破れたまま、という状態です。
内装、ウッドデッキ、庭が完成するのはいつの日か?という感じですが、
来年秋には、とりあえず遊びに来ていただける状態にしたいです。

ドイツからの猫の紹介もしたいし、
9月に生まれた子猫たちのお披露目&オーナーさん募集もしたいのですが、
まだ、ダンボールの山に埋もれてます。
日々、ご挨拶や手続きも発生していて、
なかなか家が片付きません。

皆さまから、引越しの前にご挨拶したい、とお申し出いただいたのですが、
本当に時間がなくて、大変失礼致しました。
こちらに、遊びに来ていただけるようになるのも
まだ先の話ですが、皆さまとまたお会いできることを楽しみにしております。

25日頃には、子猫の成長記録をアップしたり、
YouTubeで動画配信することを目標にしています。
(11月中〜下旬に、世田谷で見学会することも目標)

メールのお返事遅れてて申し訳ありません!
病気のご相談はすぐお返事するようにしていますが、
それ以外はもう少しお待ちくださいね。

ツイッターには、時々、写真もアップしてますので、
よかったら、ご覧下さいませ。
posted by RIEN at 19:29| 東京 ☀| Comment(0) | 那須移転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月24日

那須物件、無事に引き渡しを受けました。

皆様にクラウドファンディングのご協力をいただいたおかげで、
昨日、残金振込をして(着金確認できたそうなので登記も無事に移転できたはず)、
本日、鍵をいただいて、LOYDさんに渡してきました。

プロパンガスの契約、浄化槽(下水道がなエリアなのです)の契約、
アンペア制限の解除の立ち合い、
冷暖房設備の現地調査等、今日、行ってきました。
東京から持って行ったエアコンは室外機にヒーターをつけなくてはならず、
それ以外に、石油FFストーブと屋外に90リットル程度の灯油タンクを設置します。
設備やさんに、那須はそこそこ雪積もるといわれてびびってます。
プロパンガスの方にも、冬は水道管が凍結するので、
床下の通気口をダンボールなどでふさいでくださいと言われました……。
(給湯器にはヒーターがついているのですが、
給湯器から屋内への配線が凍結してしまうそうです……)
ふさぐの忘れて凍結してお湯出ない、という連絡が
毎年毎年たくさんあるんだそうです……。
昼間温度があがるのを待つしかないそうで……。
寒波が来て冷え込む、という日は、
夜、ほそーく水を出しておくと凍らないそうです……。

なんだかすごいところで生活することになっちゃった……?
でも、ほかに選択肢がなかったので仕方ない。
もう、買っちゃったし。
そう簡単にこれから売れるものでもないし。

築23年、1年に2回くらいつかうかどうかという別荘だったので、
ホコリ、蜘蛛の巣などがすごかったので、
今日は、掃除で終わった感じです。

とりあえず、床を塩ビにしていただき、
壁にベニヤはってペンキを塗り、
(壁紙は破れたりしてボロボロ)、
キッチンに猫がはいれないように間仕切り、
男の子部屋等の間仕切りなどをしていただく予定ですが、
これでも、かなり大変な工事になるようで、
LOYDさんが泊まり込んで3週間かけても終わらないかもです。
とにかく、男の子部屋は完全防水仕様にしていただかないと……
(臭いオシッコをスプレーするので)

この工事だけでは、カフェとしてお客様をお呼びできる状態にはならないので、
来年、お金をなんとか工面して、カフェとしての内装や庭を作り、
来年秋にはカフェオープンできるといいなあ、という感じです。

桜新町の動物取扱業は廃業届を出したので、
もう、桜新町のカフェを営業することはできません。
LOYDさんのスタジオで子猫の見学や引き渡しをするための
動物取扱業登録申請は済ませました。
立入検査の日程も決まり、10月中には登録できるでしょう。

那須のほうも、できれば10月中に登録できるように、
これから申請をしますが、
那須から車で1時間(東京から2時間)かかる宇都宮まで
申請にいかなくてはならず、これから引っ越しまでの間に
宇都宮まで行く時間を作れるかどうか……。

あちこちと連絡をとり、書類を作り、というのが多くて
かつ猫の世話をし、通院し、看病し、育児し、なので
よくわからない忙しさになってきています。
無事に引越しできるのでしょうか……?

引越ししたら、突然暇になる気もするので、
そうしたら、写真や動画のアップを頑張りたいと思います。
とりあえず、私も猫たちも、なんとか生きてます!
posted by RIEN at 22:29| 東京 ☔| Comment(0) | 那須移転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月03日

近況報告

クラウドファンディングにご協力くださった皆様、
本当に有難うございます。
現時点で、3,348,000円のお振込みをいただきました。
休業協力金等とあわせると、那須の建物&土地を購入できることは
確実となっております。
9月23日に残金支払い&登記移転、
24日から簡単なリフォーム開始、
10月12日引越し、という予定でおります。

桜新町の家は、LOYDさんの知り合いの方が借りてくださる予定で、
雰囲気をそのまま残すことができそうです。
(不動産屋さん関係でちょっとトラブルあるため、
確定ではないのですが……)

8月24日にドイツから、新しい男の子が来日してくれましたが、
体調を崩して現在入院中です。
最初は、パルボかFIPか、というような血液検査の数値だったため、
FIPならば、那須の土地の買い足しをあきらめて新薬を買うか、と思いました。
が、現時点では、ストレス性胃炎の可能性高く、
命の危険は考えなくてよさそうです。
(まだわかりませんが……)

著作権の調停の第二回が終わりましたが、
私としては釈然としないところがあるため、
第三回調停を待って、訴訟を起こすかどうかを検討中です。

9月中旬に出産予定があるかもしれず、
楽しみですが、子猫が生後1か月程度の
一番体調を崩しやすい時期に引っ越しとなることを
心配しております……。
うまういけば、移転後はYouTubeでかわいい子猫の動画を
たくさんアップしたいと思います。

世田谷区上野毛事業所(リフォームスタジオLOYD)も、
手続きを進めておりますが、
そのビル内で、動物取扱業関係のトラブルがあったとのこと、
大家さんが警戒している様子です。
LOYDさんが一筆書くことで解消しそうではありますが、
もしも、ここで事業所登録ができないと、
今後のブリードが暗礁に乗り上げる可能性もあることから
ちょっとハラハラドキドキな感じです。

そんなこんなで、あちこちと連絡をとりつつ、
とりあえず、前に進めることをひとつずつ進めております。

皆様からのご支援を無駄にすることないよう、
できる限りのことをしたいと思っております。

ご報告が頻繁にできないこと、申し訳なく思いますが、
何卒、ご理解・ご協力いただけますよう、お願い申し上げます。
posted by RIEN at 14:59| 東京 ☀| Comment(0) | 那須移転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする